韓国軍によると、北朝鮮は21日朝、北西部の平安(ピョンアン)北道付近から日本海へ向けて短距離弾道ミサイルを2発発射した。

日本政府によると、日本のEEZ(排他的経済水域)には落下しなかったと推定されている。

北朝鮮は3月9日にも複数の弾道ミサイルとみられる飛翔体を日本海に向けて発射した。