ロンドンオリンピックの金メダリストが、新型コロナウイルスに感染したことを公表。

2012年のロンドンオリンピック競泳男子100メートル平泳ぎの金メダリストで、2018年に引退したキャメロン・ファンデルバーグさん(31)は22日、自身のツイッターで感染したことを明かした。

ファンデルバーグさんは自身について、「強い肺を持ち、健康的なライフスタイルを送り、最もリスクが低い若い世代だ」としたうえで、「倦怠(けんたい)感やせきが続き、歩くだけでも非常に疲れる」と説明した。

さらに、「大会に近い時点で感染したら最悪だ」と指摘したうえで、「夏のオリンピックについて明確な説明がないから、選手たちは練習を続けるしかなく、不要なリスクにさらされている」と警鐘を鳴らした。