WHO(世界保健機関)は23日、東京オリンピックの延期の是非について、「日本政府とIOC(国際オリンピック委員会)が判断するものだ」としたうえで、近いうちに決定が下されるとの見方を示した。

WHOで緊急事態の対応を統括するライアン氏は23日、記者会見で「大会の行方は非常に近いうちに決まるだろう。延期についての判断は日本政府とIOCが行うことだ」と述べ、WHOは、東京オリンピックを予定通り開催した場合のリスクなどについては助言するものの、延期するかの判断には関わらないと強調した。

また会見で、テドロス事務局長は「世界的大流行は加速している」とし、世界中の若い世代にも感染予防を呼びかけるため、メッシ選手ら著名なサッカー選手などの力を借りたメッセージビデオを披露した。