アメリカ大統領選挙が来週に迫る中、両候補は、勝敗のカギを握る中西部で、支持固めに追い込みをかけている。

トランプ大統領は30日、前回の選挙で自身を逆転勝利に導いたミシガン州、ウィスコンシン州で大規模集会を開き、帽子を投げて配るパフォーマンスでアピールした。

トランプ大統領「われわれの勝利は、ミシガンの勝利であり、全米の勝利だ」

対する民主党・バイデン氏も立て続けにドライブイン形式の集会を展開し、トランプ大統領を批判した。

バイデン前副大統領「トランプはウイルスに屈したが、アメリカ国民は諦めない。パニックを起こしたのはわれわれではなく、トランプだ」

中西部は、最新の世論調査で、バイデン氏が僅差でリードするデットヒートの様相で、ここでの結果が勝敗の行方を決める可能性がある。