新型コロナウイルスの新たな感染が抑えられているタイでは、3日から段階的に経済活動を再開させている。

タイでは、3月末から商業施設などの閉鎖に踏み切り、この1週間の新たな感染者は1日1桁にとどまっていて、これまでの累計も、3,000人以下に抑えられている。

こうした状況を受け、経済再開の第1段として、レストランでは、3日から客同士が1メートル以上間隔を空けることや、店員のマスク着用などを条件に、店内で飲食できるようになった。

客「料理はできたてで温かいし、店で食べると気分も違う」

麺料理店のオーナー「同じ料理でも、店内で食べた方がおいしいだろう」

また美容院では、店員にフェイスシールドやゴム手袋の着用を義務づけ、時間がかかるカラーリングなどは、引き続き禁止。

タイ政府は今後、14日ごとに状況を確認し、ほかの業種についても、段階的に再開を認めたい考え。