アメリカのポンペオ国務長官は、WHO(世界保健機関)の年次総会に、台湾をオブザーバーとして招待するようテドロス事務局長に求めた。

ポンペオ国務長官は6日、「WHOの年次総会に台湾をオブザーバーとして招待するよう、テドロスWHO事務局長に求める。彼にはそうする力がある」と述べ、5月18日から開かれるWHOの年次総会や、他の国連機関の会合への台湾の参加を支持するよう、ヨーロッパ各国にも求めた。

台湾は年次総会への参加を求めているが、中国政府は「台湾は中国の一部」であり、独立へ向けた動きだとして反対している。

また、ポンペオ長官は「中国は新型コロナウイルスの発生状況を隠し、世界を欺いた」と、あらためて中国を批判した。