新型コロナウイルスの感染者が最も多いアメリカ・ニューヨーク州で、全身の血管に炎症が起きる「川崎病」に似た症状があった子ども2人が死亡していたことがわかった。

ニューヨーク州のクオモ知事は8日、州内で川崎病に似た症状がある子ども73人が確認され、5歳の男の子が7日に死亡したことを明らかにした。

クオモ知事「新型コロナに関連した合併症で、5歳の男の子が死亡した」

また州内では、別の男の子も、川崎病に似た症状で死亡した事例が報告されている。

州当局は、新型コロナウイルスとの関連を調べるとともに、子どもに発熱が続いたりすれば、医師に連絡するよう呼びかけている。