新型コロナウイルスの世界全体の感染者は、アメリカの大学の集計で400万人を超えた。

感染が急速に拡大しているロシアは、記念日の祝賀行事を延期するなどしたが、首都・モスクワでは、多くの人が密集してしまう場面があった。

ロシアでは9日は、第2次世界大戦でのナチスドイツに対する勝利を祝う記念日だが、新型コロナウイルスの影響で軍事パレードは延期され、式典も縮小された。

外出制限が続く中、モスクワ市内の高台には、花火を見ようと、多くの市民が集まり、帰宅するよう警告する警察に応えることなく、動画や写真を撮っていた。

ロシアでは連日、1万人以上感染者が増え続けていて、20万人に達しようとしている。