ロシアのプーチン大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、3月末から行っていた経済活動の制限を解除すると表明した。

プーチン大統領「ロシア全土で実施していた、ほぼ全ての産業の休業措置を12日から解除する」

プーチン大統領は11日、経済活動の制限解除を表明し、再開は感染状況に合わせ、各地域の知事らが決めると述べた。

一方で、感染者の半数が集中するモスクワ市では、再開は建設業など一部に限られ、外出制限も続く。

プーチン大統領としては、経済の悪化を懸念し、解除に踏み切ったとみられるが、一部の地元メディアは「危険な政治的航海の始まり」と批判的に伝えている。