韓国警察は5月、北朝鮮批判のビラを飛ばした脱北者団体の事務所などを26日、捜索した。

韓国政府は、南北交流協力法などに違反した疑いで、この団体を刑事告発していて、取り締まり強化を北朝鮮にアピールする狙いがあるとみられる。

団体の代表者は、「今後もビラをまき続ける」としている。

北朝鮮は、ビラまきの報復として、開城(ケソン)にある南北連絡事務所を爆破している。

ビラまきが続けば、南北の緊張がさらに高まる可能性もある。