イラン当局は、2020年1月に「革命防衛隊」のソレイマニ司令官の殺害に関与したとして、アメリカのトランプ大統領らの逮捕状を取った。

イラン検察当局は29日、2020年1月のソレイマニ司令官の殺害に関与したとして、トランプ大統領を含む36人に対し、「殺人」と「テロ行為」の疑いで逮捕状を取ったと明らかにした。

さらに、ICPO(国際刑事警察機構)に対し、身柄拘束を求める、いわゆる「赤手配書」を要請したことも明らかにした。

しかし、ICPOは「政治・軍事・宗教・人種にかかる性質の要請は受け付けない」と拒否した。

また、アメリカのイラン担当特別代表は、「誰も相手にしないようなイランのプロパガンダだ」と非難した。