アメリカ国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が、1日あたり10万人にのぼるおそれがあると警告した。

ファウチ所長は6月30日、議会で証言し、一部の州は「経済再開を急ぎすぎた」との認識を示したうえで、マスク着用などのガイドラインが守られていないと指摘した。

また、「完全なコントロールができていないのは明らかだ」とし、「現在、新規感染者数は、1日あたりおよそ4万人だが、改善ない場合、10万人に増えても驚かない。危惧している」と強い懸念を示した。

さらに、「安全で効果的なワクチンが開発される保証はない」として、楽観的な見通しを戒めた。