北朝鮮に渡ろうとしていた韓国海洋水産省の男性職員が射殺された事件で、「北朝鮮の軍人がライフジャケットを着て海上に浮かんでいた男性から事情を聴いたうえで、射殺したとみられる」と、韓国軍関係者が明らかにした。

また北朝鮮側は、遺体に油をかけて海上で焼いていることから、「新型コロナウイルスの流入を防ぐための措置」をとったとの見方が出ている。

韓国大統領府は24日午後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、「衝撃的な事件であり、どんな理由でも容認できない」と述べ、軍の警戒態勢を強化するよう指示したことを明らかにした。