ボールを動かすスピードが上がらず 後半にリズムをつかめるか

 森保一監督率いるU-23日本代表は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ第3戦でカタール代表と対戦し、攻めあぐねた試合展開のまま前半を0-0で終えた。

 すでに2連敗で屈辱のグループリーグ敗退が決まった日本は、この日も3バックシステムを採用。2戦連続で右ウイングバックを務めたDF橋岡大樹が最終ラインに下がり、第2戦シリア戦でゴールを決めたMF相馬勇紀が橋岡のいた位置で起用された。前線にはFW小川航基が1トップに入り、MF食野亮太郎とMF旗手怜央が2シャドーを組んだ。

 東京五輪のアジア予選も兼ねているなか、勝利が突破への絶対条件であるカタールに対し、日本はボール保持率の高い状態で試合を進めた。日本が2戦連続失点しているカウンターを狙うようなカタールの出方に、最終ラインを崩しきれないまま進んだが、前半21分には右サイドからのクロスにファーサイドへ走り込んだMF杉岡大暉が左足で際どいボレーを放ち、サイド攻撃からチャンスをつかんだ。

 そして、このまま前半が終わろうかというところで、中盤の競り合いで足の裏を使ってボールを保持にいったMF田中碧のプレーが、相手を踏みつけるプレーをして見られた。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言があり主審が映像を確認するとレッドカードが提示されて退場処分に。このまま0-0で前半を終えたが、後半の日本は10人での戦いを強いられた。

Football ZONE web編集部