前半アディショナルタイム、田中碧のタックルがVARの末にレッドカードとなって劣勢

 森保一監督率いるU-23日本代表は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ最終戦でカタール代表と対戦。前半に退場者を出す苦しいゲームは1-1の引き分けで終わり、未勝利での敗退という事態になった。

 すでに2連敗で屈辱のグループリーグ敗退が決まった日本は、この日も3バックシステムを採用。2戦連続で右ウイングバックを務めたDF橋岡大樹が最終ラインに下がり、第2戦シリア戦でゴールを決めたMF相馬勇紀が橋岡のいた位置で起用された。前線にはFW小川航基が1トップに入り、MF食野亮太郎とMF旗手怜央が2シャドーを組んだ。

 東京五輪のアジア予選も兼ねているなか、勝利が突破への絶対条件であるカタールに対し、日本はボール保持率の高い状態で試合を進めた。日本が2戦連続失点しているカウンターを狙うようなカタールの出方に、最終ラインを崩しきれないまま進んだが、前半21分には右サイドからのクロスにファーサイドへ走り込んだMF杉岡大暉が左足で際どいボレーを放ち、サイド攻撃からチャンスをつかんだ。

 しかし、その見つけた糸口を継続させることはできず。前半35分にクロスをファーサイドで折り返したチャンスも旗手がゴール前でシュートを空振りしてしまった。ボールを動かすスピードが上がらない日本は、カタールの守備ブロックを慌てさせるようなプレーが出せず。そして、このまま前半が終わろうかというところで、中盤の競り合いで足の裏を使ってボールを保持にいったMF田中碧のプレーが、相手を踏みつけるプレーとして見られた。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言があり主審が映像を確認するとレッドカードが提示されて退場処分に。このまま0-0で前半を終えたが、後半の日本は10人での戦いを強いられた。

小川の先制弾が決まるも、その4分後にカタールにPKを献上して勝利を逃す

 森保監督はハーフタイムで旗手を下げてMF齊藤未月を投入。橋岡を右サイドバックにした4-4-1システムに変更した。前半とは対照的に、数的優位のカタールがボール保持率を高め、日本はカウンターでチャンスをうかがう展開になった。

 両チームとも相手を崩し切れないなかで、先にスコアを動かしたのは日本だった。同27分、食野のパスをゴール正面で受けた小川が反転してそのまま右足を振り抜くと、相手の足の間を抜けたボールはGKの動きと逆モーションになってそのままゴール。日本は1人少ないなかで先制点を得た。

 しかし同31分、左サイドから切り込んできたカタールのアタッカーに対し、シュートモーションの後ろに入った齊藤のプレーがファウルと判定されてPKに。VARとの交信でチェックをする時間もあったが、判定は変わらずこれをMFアフラクに蹴り込まれて同点とされてしまった。

 残り時間はなんとか守り切ったものの、日本はこのまま1-1で引き分け。東京五輪の出場権はすでに開催国として確保しているものの、1分2敗の未勝利で大会を去る事態になった。

Football ZONE web編集部