U-23アジア選手権は2連敗で史上初めて決勝トーナメント進出を逃す

 森保一監督率いるU-23日本代表は12日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ第2戦シリア戦に1-2で敗れ、敗退が決定。第1戦のサウジアラビア戦(1-2)に続いて2連敗となり、同大会史上初めて決勝トーナメントに進出できなかった。五輪代表を昨年11月から3カ月連続で指揮を執った森保監督。連敗が起こってしまった“マネジメント力”の舞台裏に迫る。

 バンコクの夜空にシリアの歓喜の声が響き渡る横で、日本の選手は膝をついた。初戦のサウジアラビア戦に続いて終盤に失点を喫し、屈辱的な2連敗でグループリーグ敗退が決定した。

 敗れれば敗退が決まる崖っぷちで迎えたシリア戦。序盤からいきなり苦境に立たされた。前半5分、ペナルティーエリア内で相手選手に対し、DF町田浩樹(鹿島アントラーズ)が遅れて蹴ってしまい、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定。これによってPKを献上し、同9分に先制点を許した。

 対する日本は同30分、左サイドからカットインしてミドルシュートを放ったMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、相手DFに弾かれてこぼれたボールを拾って再びシュート。この強烈な一発がニアサイドを破ってゴールに吸い込まれ、1-1の同点に追いついた。後半は膠着した状況が続くなか、試合終盤にカウンターを受け、失点。2戦連続して終盤の失点で敗れ、ショッキングなグループリーグ敗退となった。

 昨年11月、広島で行われた国際親善試合コロンビア戦(0-2)で1年3カ月ぶりに同代表の指揮を執った森保監督。今大会帯同したことにより11月、12月の国際親善試合ジャマイカ戦(9-0)に続いて3カ月連続で指揮を執ることとなった。

 コロンビア戦は国際Aマッチウィークであったため、A代表のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を終えてから、試合前日に合流。MF堂安律(PSV)とMF久保建英(マジョルカ)を同時起用したものの、連係不足は解消できず、惨敗に終わった。

 昨年12月。長崎で行われたジャマイカ戦では、危機感を覚えた主将のMF中山雄太(PECズウォレ)が合宿中に何度も選手を集め、“選手ミーティング”を開いた。3カ月ぶりに招集されたMF安部裕葵(バルセロナ)も、音頭を取って前線の選手を呼び、守備の仕方などを伝えた。試合に臨む姿勢として、11月の反省を生かして12月に行動へ移した。この“過程”は中山ら一部選手が“変わった”ため、作り出されたものだった。

A代表と同じ「自主性」を求めるが…

 もともと森保監督は「自主性」を重んじて多くを指示しない。A代表では自主性に期待して成功した例もある。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)前、オーストリアで開催された事前合宿を終えて、決戦の地・ロシアへ入った後、選手だけでのミーティングを実施。キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)が西野朗監督に自分たちから攻守において仕掛ける方針を申し入れた。西野監督から承諾され、チームは16強入り。強豪ベルギーをあと1歩のところまで追い詰めた。

 だが、A代表では国際Aマッチを100試合以上経験している選手もW杯を2度、3度経験している選手もいる。一方の東京五輪世代は海外組が増えたため、毎回メンバーが大きく変わる。日本サッカー協会の関塚隆技術委員長が「この世代でこれだけ海外クラブにマーケットを持って行った日本の選手が出てきたのは嬉しいことでもありますし、想定外であったことも事実」と言うほどで、堂安や久保だけでなく、中山、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF板倉滉(フローニンゲン)、MF三好康児(アントワープ)ら多くの選手が活躍する。

 ジャマイカ戦で選手は変わろうとしたが、今大会は中山の不在もあり、長崎遠征を経験したメンバーは5人だけ。ある程度指揮官が“指標”を示すことは必要だった。

 ピッチ外だけではない。今大会第1戦のサウジアラビア戦(0-2)では、試合終盤にバックパスのミスから失点。1-1の試合終盤、3バックの左を務めるDF古賀太陽(柏レイソル)がバックパス。中央のDF岡崎慎(清水エスパルス)に向けて出したパスは大きくずれた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)も判断できない状況で相手にかっさらわれ、ペナルティーエリア内で岡崎が相手を倒してしまいPKを献上。これを決められて、勝ち越しを許した。この試合後、岡崎は「本当に各々バラバラだったのが一番良くなかった」と振り返った。

「相手が意外とギアが上がっていたので、3バック3枚で回していて結構リスキーだった。あのミスは仕方がないとは思わないけど、ボランチの田中選手(碧か駿汰の)どちらかを下げて4枚で回したほうが良かったのか。それとも3枚でリスクもかけつつ、相手をはがしたら全員のFWを置き去りにできているくらいの守備をやるのか。チームとしてそこが少しまばらになった」

ピッチ内外で“発信”するからこそ、意思統一につながる

 初戦は勝ち点1でも良かった。だが、ドローに持ち込むか、点を取りに行くか、意思統一ができていなかった。指揮官は終盤に失点後、アディショナルタイムに突入してからMF田川亨介(FC東京)とMF相馬勇紀(名古屋グランパス)を投入。だが、それでは遅すぎた。

 サウジアラビア戦で勝利を狙うにしても、引き分け狙いにするにしても交代カードで選手へ“メッセージ”を送る必要があったはず。指揮官は交代枠について「攻撃の形自体は悪くない、疲労を見てもまだ十分相手を上回るキレを見せていたが、そこで連係・連動の部分でそのまま追加点を奪いにいった」と話したが、選手には伝わっていなかった。だからこそ、終盤のミスが起きてしまった。選手はもちろんどんな時でも時間を与えられれば「結果を出さないといけなかった」と話すが、ここ3カ月の代表活動で「メッセージが伝わりにくい」と吐露する選手もいた。

 まだ若さも残る五輪代表。兼任監督であるからこそ求めるハードルも高くなるが、A代表に比べて圧倒的に経験値の少ない選手が集まるからこそ、指揮官の“発信力”も求められる。日本サッカー界の頂点となるA代表。そのトップを担う森保監督には、自主性を重んじながらも同時に“発信”することも必要だと感じた今大会だった。

Football ZONE web編集部