田中碧が前半終了間際に一発退場 日本はカタールに1-1の痛み分け

 U-23日本代表は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ第3戦でカタールと対戦。1-1で引き分け、未勝利(1分2敗)で大会を終えた。前半終了間際にMF田中碧(川崎フロンターレ)がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末に一発退場となったが、海外メディアも「物議を醸すレッドカード」と指摘している。

 すでに2連敗で大会史上初のグループリーグ敗退が決定している日本は、初戦のサウジアラビア戦(2-1)で1ゴールのMF食野亮太郎(ハーツ)と中盤でポジティブな印象を与えた田中碧とMF田中駿汰(大阪体育大→コンサドーレ札幌)の2ボランチに加え、第2戦のシリア戦(2-1)でゴールを決めたMF相馬勇紀(名古屋グランパス)を送り込んだ。

 膠着した時間が続いたが、試合展開が動いたのは前半アディショナルタイムだった。中盤の競り合いでいち早くボールを奪取した田中碧だったが、VARの確認の末、足裏で相手選手を踏みつける危険なプレーとして、レッドカードが提示されることになった。田中碧は判定に納得できない表情を浮かべながらも、俯きながらピッチを後にした。

 試合はその後1点ずつ奪い合い、1-1の痛み分けに終わったが、日本を数的不利な状況に追い込んだ退場判定に、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版が反応。「物議を醸すレッドカード」と取り上げ、敗退が決定していた日本について「得るものなき戦いで、プライドは示した」と報じた。

 VARが介入したうえでの判定となったが、海外メディアから見ても厳しいジャッジだったことは確かなようだ。

Football ZONE web編集部