カタールに1-1のドロー U-23アジア選手権は1分2敗の未勝利で終える

 タイで開催されているU-23アジア選手権に出場した森保一監督率いるU-23日本代表は15日、グループリーグ第3戦カタール戦に1-1で引き分けた。FW小川航基(水戸ホーリーホック→ジュビロ磐田)のゴールで先制するも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定に泣きPKを献上。前半終了間際にはMF田中碧(川崎フロンターレ)がVARの末に一発退場となるなど、アクシデントに見舞われたが、戦う姿勢を示した。3試合連続で先発出場した今大会唯一の海外組MF食野亮太郎(ハーツ)は1得点1アシストの結果を受けて、指揮官から掛けられた言葉を明かした。

 反骨心が見えた一戦だった。第1戦のサウジアラビア戦(1-2)、第2戦のシリア戦(1-2)
と2連敗。グループリーグ敗退が決定したなかで迎えたカタール戦だった。先発メンバーは第1戦をベースに3バックを継続。だが、前半終了間際にアクシデントが起こった。田中碧がVAR判定により危険なプレーを犯したとされ、一発退場。後半からは10人となり、昨年11月の国際親善試合コロンビア戦(0-2)で途中から採用した4バックに変更した。

 すると後半27分、食野のパスをペナルティーエリア外で受けた小川が低弾道のミドルシュートを放つと、GKの脇の下をすり抜けてゴール。大会初めての先制点を奪った。後半34分には途中出場のMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)にファウルがあったとされ、VARの末PKを献上してしまうが、監督、選手含めて鼓舞し続けた90分間だった。

 サウジアラビア戦で一時同点となるゴールを決めた食野は3試合を通して1得点1アシスト。その結果には「寂しい。実力不足。悔しい」と納得はしていない。スコットランドでのプレーを経て、少しずつプレースタイルが変化したと言い、「日本にいる時は(シュートを)打てるところで打っていたけど、最近は切り返しすぎてチャンスを失っている」と反省。そして、試合後に森保監督との交わした“やり取り”を明かした。

「使ってもらったにもかかわらず、という思いが強い。申し訳なく思う。この試合終わってすぐに(監督と)話しましたけど、『こういう(悔しい)経験をできたのが良いことだと思う』と言ってもらえたし、監督も自分たちに対する情熱は毎試合持ってくれていたし、それをピッチに持っていけたのも良いこと。ただ、それが結果につながらなかったのがすべて。それを次につなげていこうとは言ってもらえた」

 欧州組がひしめく激戦区のシャドーでプレーした食野。自身に見えた課題と向き合い、「反骨心も出てきたので本大会でやってやろうという気持ちです。見とけよ、と」と締めた。この悔しさは胸にとどめ、糧として残りの6カ月間、練習に試合に励むことだろう。

Football ZONE web編集部