マネ負傷のアクシデントにより南野が緊急投入、チームはプレミア40戦無敗を達成

 リバプールは現地時間23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦し、敵地で2-1と勝利を収めた。セネガル代表FWサディオ・マネが前半で負傷するアクシデントに見舞われ、日本代表MF南野拓実が途中出場でリーグ戦デビューを飾った。

 今季のリバプールはここまでリーグ戦無敗(21勝1分)で首位を独走している。1月1日付けで加入した南野は第22節トットナム戦(1-0)、第23節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)でベンチ入りするも、リーグ戦デビューはお預けとなっていた。しかし、ウルブス戦では思わぬ形でその瞬間が訪れる。

 前半8分にイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンがCKからヘディングを叩き込み幸先良く先制するも、同33分にセネガル代表FWサディオ・マネが自ら交代を申し出る負傷交代のアクシデントに見舞われる。南野はこの緊急事態で声をかけられ、ユルゲン・クロップ監督の入念な指示を受けると、ついにプレミアリーグのピッチへ足を踏み入れた。

 5日のFA杯3回戦エバートン戦(1-0)以来の出場となった南野だが、この交代を機に4-4-2にシステムが変更されると、左サイドハーフのポジションに配置された。直後にブラジル代表GKアリソンから鋭いパスが供給され、相手選手にプレスをかけられるも、バウンドする処理の難しいボールに対し、華麗なワンタッチでかわしてみせた。

 南野は後半から右サイドハーフのポジションに入ったが、後半6分にカウンターから8試合ぶりの失点を喫し、同点とされる。同25分にブラジル代表MFファビーニョが投入されて4-3-3システムに戻すと、同39分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが決勝点を奪い、土壇場で勝利を手繰り寄せた。

 リバプールはこれで14連勝を達成し、1試合消化が少ない状況で2位マンチェスター・シティと勝ち点16差を維持している。チームは昨シーズンのプレミアリーグ第21節でシティに1-2と敗れたのを最後に、リーグ戦40試合無敗を継続。南野もリーグデビュー戦を白星で飾ることになった。

Football ZONE web編集部