エース負傷により前半に緊急投入された南野 「マネのプレーには匹敵しなかったが…」

 リバプールは現地時間23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦し、敵地で2-1と勝利を収めた。セネガル代表FWサディオ・マネが前半で負傷するアクシデントに見舞われ、日本代表MF南野拓実が途中出場でリーグ戦デビューを飾った。英紙は「マネの代役という不可能な任務を与えられた」と指摘するも、「堅実な出来だった」と一定の評価を与えている。

 今季のリバプールはここまでリーグ戦無敗(21勝1分)で首位を独走。1月1日付けで加入した南野は第22節トットナム戦(1-0)、第23節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)でベンチ入りするも、リーグ戦デビューはお預けとなっていた。しかし、ウルブス戦では思わぬ形でその瞬間が訪れる。

 前半8分にイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンがCKからヘディングを叩き込み幸先良く先制するも、同33分にセネガル代表FWサディオ・マネが負傷し自ら交代を申し出るアクシデントが発生。南野はこの緊急事態で声をかけられ、ユルゲン・クロップ監督から入念な指示を与えられると、ついにプレミアリーグのピッチへ足を踏み入れた。

 5日のFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)以来の出場となった南野は左サイドに配置されたが、後半からは右サイドハーフのポジションに入れ替わった。チームは後半6分にカウンターから失点。同25分にブラジル代表MFファビーニョの投入によってシステムを4-3-3に戻すと、同39分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが決勝点を奪った。これでリーグ戦で破竹の14連勝、昨季から続く無敗記録も「40」に伸ばしている。

 英紙「イブニング・スタンダード」は10点満点の採点で南野に対し及第点となる6点を与え、「前半で負傷したマネの代役という不可能な任務を与えられた。セネガル代表FWのプレーに匹敵することはできなかったが、自分を責めるべきではない。堅実な出来だった」と一定の評価を下している。

 首位を独走するリバプールのエースを務めるマネの負傷で緊急投入と、難しい局面でのデビュー戦となったが、華麗なワンタッチで相手選手をかわしたことに加え、強烈なシュートを放つなど、随所で存在感を光らせていた。マネの離脱期間は明らかとなっていないが、南野に再び出番が回ってくることは確かだろう。

Football ZONE web編集部