ウルブス戦でプレミアリーグ初出場を果たした南野 リバプールは2-1で勝利

 リバプールは現地時間23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦し、敵地で2-1と勝利を収めた。セネガル代表FWサディオ・マネが前半で負傷するアクシデントに見舞われ、日本代表MF南野拓実が“緊急投入”によりリーグ戦デビューを飾った。クラブ公式ツイッター日本語版は、試合後の南野とユルゲン・クロップ監督の熱い抱擁を写真で公開している。

 1月1日付けでリバプールに加入した南野は、11日の第22節トットナム戦(1-0)、19日の第23節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)でベンチ入りするも、リーグ戦デビューはお預けとなっていた。しかし、ウルブス戦では思わぬ形でその瞬間が訪れる。前半8分にイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンがCKからヘディングを叩き込み幸先良く先制するも、同31分過ぎにマネが負傷を訴え自ら交代を要求。この緊急事態で南野は声をかけられ、同33分にプレミアリーグのピッチへ足を踏み入れた。

 5日のFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)以来の出場となった南野は左サイドに配置されたが、後半から右サイドハーフのポジションに入れ替わった。その後チームはカウンターからリーグ戦で8試合ぶりとなる失点を喫し1-1の同点に追いつかれるも、同39分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが決勝点。今季開幕から22勝1分と無敗を維持しており、1試合消化の少ない状況で2位マンチェスター・シティと勝ち点16差をキープしている。

 そうしたなか、クラブ公式ツイッターの日本語版は、試合後にクロップ監督と南野が熱い抱擁を交わしている写真を投稿。コメント欄では「愛が溢れている」「最高に可愛い」「これから良くなっていけばいい」「デビュー戦で勝利。彼にとってはハッピーだ」と温かなメッセージが送られていた。

 クロップ監督は試合後の記者会見で、南野がふくらはぎに違和感を抱えながらプレーしていたことを明かしていたが、その状態で最後まで献身的なハードワークを示した日本人アタッカーを、心から労っていたようだ。

Football ZONE web編集部