移籍後初のベンチ位置を果たしたトリノ戦後、地元メディアの取材に応じる

 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也は現地時間8日、敵地で行われたセリエA第23節トリノ戦(3-1)で移籍後初のベンチ入りを果たした。試合後、イタリアサッカーの印象について語った言葉を、地元メディアが報じている。

 吉田は2009年12月に名古屋グランパスからオランダ1部VVVフェンロへ完全移籍。その後、2012年夏に世界最高峰のリーグの一つであるプレミアのサウサンプトン入りを果たした。これまで7年半、厳しいポジション争いのなかで出場を重ねてきたが、今季はベンチを温める試合が増え、移籍マーケット最終日の1月31日にサンプドリア行きが決まった。半年間のレンタル料は20万ユーロ(約2500万円)で、買い取りオプション付きの条件だと報じられている。

 トリノ戦ではサンプドリア加入後初のベンチ入りを果たし、出場機会こそなかったものの、チームは3-1の快勝。今季6勝目を挙げている。ジェノバの地元紙「Il Secolo XIX」は「月曜日の夜、トリノで日本人の親切さと思いやりを知った」と綴った記事のなかで、移籍の理由などについてなど、試合後の吉田の言葉を報道。のなかではイタリアサッカーの第一印象について問われると、こう答えている。

「イングランドとは完全に違いますね。例えば縦へのスピード。イングランドではボールを奪ったらすぐ前に付けないと、スペースがなくなってしまう。イタリアではポゼッションを確実にして、リスクは冒さないようにします。DFに複雑な要求はなく、まずは守ること。ピッチ内外でのコミュニケーションも重要です」

 このように語ったうえで、サンプドリアでの今後に向けては「互いによく理解し合わないといけない。あまり時間がないですし、4カ月のうちに自分の力を見せないといけないので、やるべきことを理解しないといけないと思っています」とコメント。これまでとの違いを強く意識しながら、新天地での活躍を誓った。

 また、日本代表の森保一監督が近く来訪予定であることも尋ねられ、「来週には会うと思います。多くの選手と会わないといけない方なので、練習場に来るのか、試合に来るのかは分かりません。もともとはサウサンプトンに行こうと思っていたでしょうね」とユーモアを交えて回答している。そして「話す時には良いワインをお供に、ジェノバの素晴らしい食事をいただきながらになりますね」とリップサービスも忘れなかった。

 加入間もないにもかかわらず、自身に求められるものを理解し、地元メディアとのコミュニケーションも良好な様子。ピッチ上でのパフォーマンスにも今から期待が高まっている。

Football ZONE web編集部