トットナムMFデレ・アリが新型コロナウィルスを揶揄して批判を受けたのに続き…

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間9日のリーガ・エスパニョーラ第23節エスパニョール戦(0-1)でフィジカルコーチから「人種差別的なジェスチャー」を受けた可能性が海外メディアで報じられている。日本と同じアジアに属する韓国のメディアも、「教育の必要性を改めて考えるべき」と主張している。

 1月19日に行われた第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続く久保は、エスパニョール戦でも0-1とビハインドを背負ったなかで後半20分からピッチに投入された。同41分には左サイドを突破し、鋭いグラウンダーのクロスでチャンスを演出したが、チームに勝利はもたらせなかった。

 物議を醸しているのは、久保がピッチに入る直前の場面だ。久保が途中出場を前にピッチ横でウォーミングアップしている最中、フィジカルコーチを務めるダニ・パストール氏が選手側を向いて、両手で目をつり上げるジェスチャーを見せた。いわゆる“つり目ポーズ”は、現地スペインや英国など欧州でも波紋を呼んでいる。

 韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「サッカー界は人種差別根絶に力を入れているが、ヨーロッパでは事件が絶えない」と言及。トッテナムのイングンド代表MFデレ・アリが中国を中心に猛威を振るう新型コロナウィルスを揶揄するSNS投稿を行い、非難が殺到した直後だっただけに、記事でも疑問を呈している。

フィジカルコーチのパストール氏が久保を呼ぶ際に“つり目ポーズ”をした疑惑が浮上

「デレ・アリが東洋人を揶揄する映像の投稿で矢面に立ったのに続き、マジョルカのコーチがタケフサ・久保に向かって目をつり上げるジェスチャーで問題になった。かつてに比べ、多くの東洋人が欧州に進出するようになったが、現地での意識は大きく変わっていないようだ。

 問題となったシーンは、フィジカルコーチが久保を呼ぶ過程で目をつり上げるジェスチャーをした。東洋人に対してこの行為は、細い目を揶揄する意味が含まれている。現地メディアもダニ・パストールに対して非難の声をあげている。所属するチームのコーチがそのような行動をしたのは、さらに理解しがたい」

 また、韓国の総合ニュースサイト「スターニュース」も「人種差別行為を完全に根絶するためには、形式的な出場停止と罰金処分ではなく、教育の必要性を改めて考えるべきだ」と主張している。

 パストール氏がどのような意図で“つり目ポーズ”をとったかは依然として闇のままだが、波紋は世界規模に発展しそうだ。

Football ZONE web編集部