南野を獲得した今冬、ビジャレアルFWチュクウェゼの獲得を模索

 プレミアリーグ首位を走るリバプールは、今冬に日本代表MF南野拓実を補強して前線に厚みを増したが、さらにビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼの獲得にも動いていたという。フランス誌「フランス・フットボール」が報じた。

 チュクウェゼはビジャレアルの育成組織で育ち、2018年にプロデビューを飾った20歳の新星だ。スピードと技術の高さを生かしたプレーを得意とするウインガーで、昨季リーガ・エスパニョーラでは26試合5得点をマークし、今季もここまで22試合で3得点を記録。また、2015年のU-17ワールドカップではナイジェリア代表として優勝を経験した。

 記事によれば、リバプールはチェクウェゼ獲得のために3500万ユーロ(約42億円)をオファーしていたという。左利きで右ウイングを本職とすることから、エジプト代表FWモハメド・サラーの代役を務められる存在として獲得をアプローチしたようだ。

 ただし、チェクウェゼの違約金は6500万ユーロ(約78億円)とリバプールのオファー額を大きく上回るものだったため、移籍は実現しなかったようだ。

 チェクウェゼは2019年の21歳以下のバロンドール「コパ・トロフィー賞」で最終候補にもノミネートされ、記事によれば投票権を持っていたバルセロナのアルゼンチン代表FWをリオネル・メッシが3位票を入れたという。すでに現役トップ選手からも高い評価を受けており、同世代屈指のプレーヤーとして認知されている。

 今冬のリバプール移籍こそ実現しなかったもの、夏の移籍マーケットでの動向にも注目だ。

Football ZONE web編集部