35歳の誕生日には恋人のジョージナさんから8500万円のメルセデス・ベンツを受け取る

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、世界で最も稼ぐアスリートでバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位にランクインしている。フランス紙「レキップ」調べでは、月に450万ユーロ(約5億4000万円)の収益を手にしているとされるなか、英メディアは規格外の“スーパーカー・コレクター”ぶりに脚光を当てている。

「クリスティアーノ・ロナウドの見事なカーコレクションは600万ポンド(約8億5000万円以上)以上の価値」と見出しを打ち、特集を組んだのは英メディア「GIVEMESPORT」だ。

 母国ポルトガルの名門スポルティングCPでデビューを果たしたロナウドは、2003年にマンチェスター・ユナイテッドへ加入。名将アレックス・ファーガソンの下で世界的スターへと成長を遂げ、数々のタイトルを獲得した。2009年に移籍したレアル・マドリードでもエースとして君臨し、計15個のタイトルを獲得している。

 昨夏にイタリアに拠点を移したロナウドはセリエAでもその決定力を発揮し、初年度でチーム最多の21得点をマーク。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇こそ逃したものの、前人未到のリーグ8連覇に大きく貢献した。

 記事では、2月5日の35歳の誕生日に恋人のジョージナ・ロドリゲスさんから“超高級車”をプレゼントされたことに触れつつ、規格外のカーコレクションを紹介している。

「誕生日に60万ポンド(約8500万円)のメルセデスを受け取ることを想像できますか? それが、35歳になった誕生日にガールフレンドから豪華なメルセデスAMG G63をプレゼントされたクリスティアーノ・ロナウドの人生だ。ロナウドはひと際目を引くコレクションを誇る。マドリードに五つ、リスボンに二つ、トリノの別荘に一つを含む複数のガレージが必要だ」

1400万円のレンジローバーや500万円のシボレーが安く見えてしまう圧巻のラインナップ

 世界限定500台でヘッドレストをカスタマイズしたブガッティ・シロン(185万ポンド/約2億6000万円)をはじめ、2016年の欧州選手権(EURO)優勝後に購入したブガッティ・ヴェイロン(170万ポンド/約2億3000万円)、限定500台のマクラーレン・セナ(100万ポンド/約1億4000万円)など1億円超の高級車がズラリ。その豪華さは、ユベントスの練習場へ通うのに頻繁に使用しているレンジローバー スポーツ(10万ポンド/約1400万円)や、シボレー カマロ(3万5000ポンド/約500万円)が安く見えてしまうほどだ。

 記事で紹介されたコレクションは総額649万2040ポンド(約9億2000万円)。しかも、ロナウドは「自動車史上、最も高価な新車」と謳い推定20億円とも言われるブガッティ・ラ・ボワチュール・ノワールのオーナーだとも言われており、カーオーナーとしても圧巻の存在感を放っている。

「GIVEMESPORT」が紹介したロナウドのカーコレクションは以下の通り。

ブガッティ・シロン(185万ポンド/約2億6000万円)
ブガッティ・ヴェイロン(170万ポンド/約2億3000万円)
マクラーレン・セナ(100万ポンド/約1億4000万円)
フェラーリF12TDF(35万ポンド/約5000万円)
ロールス・ロイス カリナン(33万ポンド/約4700万円)
ランボルギーニ・アヴェンタドール(26万40ポンド/約3700万円)
ポルシェ911カレラ ターボS(14万ポンド/約2000万円)
メルセデスAMG GLEクーペ(12万7000ポンド/約1800万円)
レンジローバー スポーツ(10万ポンド/約1400万円)
シボレー カマロ(3万5000ポンド/約500万円)

Football ZONE web編集部