“時の人”がキム・ヨナ、ジミー・ペイジら著名人と並び、シティMFデ・ブライネを選出

 第92回アカデミー賞で作品賞など最多4部門を受賞した映画「パラサイト 半地下の家族」を手掛けたポン・ジュノ監督が、自身の最後の晩餐に招待したい5人のうちの1人に、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの名を挙げていたという。英公共放送「BBC」が報じている。

 韓国の格差社会を描いた「パラサイト」は英語以外の外国語映画として初めてアカデミー賞作品を受賞する快挙を成し遂げた。さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞も受賞。今年度最多4部門での受賞を果たして話題となった。この作品を手掛けたポン・ジュノ監督も一躍時の人となっている。

 そうしたなかで英公共放送「BBC」のスポーツニュースでは、ポン・ジュノ監督の意外な一面に注目している。ジュノ監督は以前、ソーシャルニュースサイト「Reddit」のコメントで、「最後の晩餐に呼ぶ5人を選ぶとしたら」という質問に対して、マンチェスター・シティで活躍するデ・ブライネの名を挙げていたという。

 その5人の顔ぶれは、映画監督のアルフレッド・ヒッチコック氏とマーティン・スコセッシ氏、韓国人フィギアスケーターのキム・ヨナ、人気ロックバンドレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ、そしてデ・ブライネだった。

 記事では最初の4人の人選には「驚きはない」としたうえで、このなかにデ・ブライネが含まれたことについて「ポン・ジュノはマンチェスター・シティファンだとしか思えない」と驚きをもって報じられている。

Football ZONE web編集部