2-1とリードして前半を折り返すと、後半に小川が2ゴールを加えるなど大量5得点

 ヴィッセル神戸は12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第1節でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦。FW小川慶治朗がACL初ゴールを含む3得点を奪うなど、5-1でアジア初勝利を挙げた。

 元日に行われた天皇杯決勝を制し、クラブ史上初のタイトル獲得とともに、ACL初挑戦の権利を手にした神戸。アジア初陣は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがキャプテンマークを巻いて先発出場し、新戦力のFWドウグラスが4-3-3の1トップに入った。

 イニエスタを中心に攻撃を組み立てるホームの神戸は、前半13分にスコアを動かす。センターライン付近でボールを持ったイニエスタが相手の最終ライン裏に絶妙な浮き球のパスを供給。ダイアゴナルな動きで抜け出したFW小川が左足でのループ気味のシュートでゴールネットを揺らし、クラブのACL初ゴールで先制点をもたらした。

 前半26分、ジョホールFWジオゴのクロスが神戸DFトーマス・フェルマーレンの左手に当たり、ハンドの判定でPKを獲得。これを決められ、同点に追いつかれてしまった。

 しかし、そのわずか1分後、神戸はDF西大伍が右サイドの敵陣中央から持ち出し、前線へ鋭いパスを供給。これに反応したFW古橋亨梧がダイレクトで右足を振り抜き、鮮やかに勝ち越しゴールを挙げた。

 後半に入っても神戸の勢いは止まらない。同13分、イニエスタが左サイドからペナルティーエリア内にパスを送ると、駆け上がったDF酒井高徳がゴールライン際をえぐり、マイナスのクロス。これに小川が合わせてこの日2点目を挙げた。さらにその7分後には、ドウグラスが相手選手を弾き飛ばしてゴール前に持ち込み、冷静に追加点を奪った。

 神戸は後半27分にもイニエスタが相手を引き寄せ、逆サイドに浮き球のアシストを送り、小川がヘディングでチーム5点目。小川は今季チーム初のハットトリックを記録した。

 創設25年目の神戸は、ACL初出場初ゲームで記念すべき初勝利を挙げた。

Football ZONE web編集部