【ドイツ発コラム】5-0と大勝したアウクスブルク戦、前半30分にスクランブル出場

 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトは、現地時間7日に行われたブンデスリーガ第21節でアウクスブルクとホームで対戦し、5-0と大勝して勝ち点28の9位へと順位を上げた。

 この日スタメンから外れていた長谷部は、キャプテンのDFダビド・アブラハムが股関節を痛めたことで、前半30分から早々に途中出場。アップ時間もほとんどないなかでのスクランブル出場となったわけだが、そこはベテランの味をしっかりと見せてくれた。

 アブラハムに代わってキャプテンマークをつけてピッチに立つと、すぐに攻守のバランスを取りながら中盤でゲームをコントロールしていく。その質の高いプレーぶりに、アディ・ヒュッター監督は試合後の記者会見で「マコトはチームに安定感をもたらしてくれた」と、素直に賛辞の言葉を送っていた。

「(交代で)入る時は少し難しさを感じましたけど、その前に試合の流れというか展開を見て、自分が入ったらこうしようというのは考えながらやっていたので。スムーズには入れたかなと思いました」(長谷部)

 4-3-3システムのアンカーに入った長谷部が狙っていたのは、中盤での起点作りだ。両チームのシステムの噛み合いから中盤で上手く数的有利が作れていたはずのフランクフルトだが、序盤はそこを生かせずに、ロングボールを蹴り込むシーンが少なくなかった。

「中盤のところで数的優位になっていたので、しっかりと自分のところでボールを受けて、前を向いてしっかりつなぐと。そういうところでゲームのリズムを作ろうかなというのはありました」

 その言葉どおり、長谷部は中盤の底で落ち着いてゲームをコントロールしていく。テンポ良くパスを展開するだけではなく、時折あえて攻撃のスピードを遅らせて、自分たちのリズムを作り出す。アウクスブルクが終始フリーになる長谷部のところに最後まで手立てを講じられず、後半そのまま崩れていった部分はあるものの、無失点&大量得点で勝利できたことは、リーグ後半戦で巻き返しを図るチームにとって間違いなく大きな結果となった。リーグ戦ここ3試合で勝ち点7、DFBポカールではRBライプツィヒを下して準々決勝に進出している。2020年に入ってまだ負けがない。長谷部もチームの好調さを感じている。

「監督も言ってますけど、システムどうこうというよりは、みんなが戦術的にもしっかり規律を持ってやっているし、みんな走っているし、戦っているし、やることはハッキリしている。前半戦の最後、疲れから体と頭がなかなかフィットしていない、動けていない感じがあったので」

「こういう経験はヴォルフスブルクで、もう嫌というほどしていた」

 冬の準備期間で十分な練習時間を持てたことで、チームはようやく本来の力を出せるようになっている。そんななか、長谷部の立ち位置は、前半戦とはまた変わってきている。3バックから4バックへとシステムが変更され、今は常時スタメン出場というわけではない。そんな時に、自分がやれることはなんだろうか。

 これまでに様々な経験をしてきた。誰よりも、出場機会を得た時に納得のいくパフォーマンスで結果を残すことの大切さを知っている選手だ。

「後半戦に入ってシステム変更とかでチャンスが少なくなって、チームも結果が出ていたので。そんななかで、なかなか(出場メンバーが)変わらないだろうなっていうのがあった。ただ、こういう連戦の時にチャンスが来るのかなって。(そして)本当にチャンスが来た時につかまないと、次はないと思っていた。だからこの2試合で、出て勝ったっていうのは、個人的には大きかった。

 自分のプレー自体は、まだまだ全然上がるとは思ってるんですけど、印象としてはチームがやっぱり勝つこと、自分が出て勝つと、やっぱりいい感じにはなると思う。こういう経験はヴォルフスブルクで、もう嫌というほどしていた。自分が出られない時期っていうのもけっこうあったし、とにかくチャンスが来た時にそれをつかむというスタンスでやってきた。そういう意味では最初、試合に出てなかった時も自分ではすごく落ち着いていたし、そういうのも経験から来るものなのかなとは思います」

 フランクフルトは2月に、全部で7試合の公式戦がある。ヒュッター監督も選手を入れ替えながら、この連戦を乗り切ろうとしているはずだ。昨季後半、そして今季前半のように主力が出ずっぱりで疲れを引きずり続けないようにしていくことが重要になる。長谷部、そしてこの日は出場機会が訪れなかったが鎌田にも、重要な戦力として今後必要とされる試合が訪れるだろう。この日、長谷部が見せたように、その時にしっかりとインパクトのあるプレーでアピールしたい。それが必ず、次のチャンスへつながっていくのだから。

Football ZONE web編集部