闘病中の元韓国代表MFユ・サンチョル氏へ、横浜FMサポーターが垂れ幕を掲げエール

 J1王者の横浜F・マリノスは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)開幕戦で全北現代(韓国)と対戦し、敵地で2-1と勝利した。この一戦で日本サポーターが見せた粋な計らいに韓国メディアが反応し、「横浜FMファンは今も忘れていない」と報じている。

 試合は前半33分、右サイドのスローインからFW仲川輝人がボレーで中央にボールを送り、FWオナイウ阿道が相手を引き付けた背後にMF遠藤渓太が飛び込んで先制ゴールを奪った。さらに前半37分、遠藤が抜け出し、仲川へラストパス。これをカットしようとした相手DFが自陣ゴールにボールを蹴り込んでオウンゴールとなり、横浜FMが2-0とリードを広げた。

 後半24分に相手MFソン・ジュノが2枚目のイエローカードを受けて退場処分。だが同35分に横浜FMの守備陣が対応を誤り、FWチョ・ギュソンに被弾して1点差に詰め寄られる。それでも直後に相手DFイ・ヨンが立て続けにイエローカードを受けて退場となり、11対9とさらに数的優位となった横浜FMが2-1で逃げ切った

 ピッチ内で白熱の攻防が繰り広げられた一方、ピッチ外では心温まる光景が広がった。横浜FMのファンが陣取るスタンドから一つの垂れ幕が掲げられ、そこには「頑張れ!ユ・サンチョル」と応援メッセージが送られている。

 元韓国代表MFユ・サンチョル氏は、かつて横浜F・マリノス、柏レイソルでプレー。J1リーグで通算113試合44得点と活躍し、FWからDFまでこなすオールラウンダーとして名を馳せた。横浜FM時代にはリーグ優勝を経験するなど一時代を築いた貢献者だ。

韓国メディアも反応「日本から飛んできた横浜F・マリノスのファンが…」

 ユ・サンチョル氏は昨年5月に仁川ユナイテッドFCの監督に就任するも、同年11月にステージ4の膵癌を公表し、闘病している。そんなレジェンドに対して、敵地に乗り込んだ横浜FMファンが激励の断幕を掲げた形だ。

 韓国メディア「STAR NEWS」は「日本から飛んできた横浜F・マリノスのファンが、膵臓癌で闘病中のユ・サンチョル監督を応援した」と報道。「ユ・サンチョルは、横浜FMにとって特別な存在だ」と記している。

 また同国メディア「スポーツニールス」は「ユ・サンチョル監督は、1999年から2001年1月、2003年7月から2005年1月まで横浜FMに在籍した。それ以後、長い時間が流れた。それでも横浜F・マリノスのファンは、今もユ・サンチョル監督を忘れていない」と伝えている。

 横浜FMサポーターが敵地で見せた行動に韓国メディアも感銘を受けたようだ。

Football ZONE web編集部