フィジカルテストで状態の良さを証明 「非常に低い体脂肪率に…」

 元日本代表MF本田圭佑は先日、ブラジルの名門ボタフォゴに加入したが、クラブの医療部門によるフィジカルチェックにより「文句なしのコンディション」という結果を得たという。ブラジル紙「ランセ」が報じている。

 本田は1月31日にボタフォゴへの加入が発表され、大々的な歓迎を受けたことがレポートされている。そして、記事では本田がボタフォゴの医療施設でフィジカルチェックを受けたことがレポートされた。そして、ボタフォゴのクリスティアーノ・シネリ医師による本田へのコメントが報じられた。

「彼のテストをしたところ、素晴らしい状態だった。非常に低い体脂肪率に、優れた心肺機能、完璧な心臓エコーと、彼が非常に良い準備をしてきたことを示している。文句なしのコンディションだ。ただし、トレッドミルや心電図検査でテストをするのは簡単なことだ。デビュー時期を決めるのは、芝生の上でのテストを行うことによる」

 この結果により、当初の予定より前倒しでピッチ上のセッションに本田は参加することになるという。オランダのフィテッセを短期間で退団した後はクラブが決まらない状態にあった本田だが、身体的な準備は常に整えていたことがフィジカルテストにより実証されたようだ。

 ブラジルでのデビューが予想よりも早く訪れそうな情勢だと言えそうな本田は、オーバーエイジでの出場を熱望する今夏の東京五輪に向けて、森保一監督にアピールするような好プレーを南米の地で見せることができるだろうか。

Football ZONE web編集部