自身初のACL出場で“格の違い”を見せつけチームを牽引

 ヴィッセル神戸は12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第1節でジョホール・ダルル・タクジム(JDT/マレーシア)と対戦。FW小川慶治朗がハットトリックを決めるなど、5-1でACL初勝利を飾った。初めてアジアの頂点を目指す戦いに臨んだ元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、2アシストを記録するなど攻撃を牽引し、母国スペインメディアは「リサイタル」「2つの見事なアシスト」と称賛している。

 天皇杯王者となった神戸はクラブ史上初めてACL出場権を獲得し、12日のJDT戦で“アジアデビュー”を果たした。

 前半13分、イニエスタがセンターライン付近から前線へ浮き球のボールを供給すると、相手の裏を取ったFW小川がループ気味の左足シュートを決めて先制。同26分にはベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンのハンドでPKを献上して同点に追いつかれたが、その2分後にFW古橋亨梧が鮮やかに勝ち越しゴールを挙げた。

 後半、イニエスタはさらにプレーの精度を上げる。同13分、左サイドからペナルティーエリア内にパスを送ると、駆け上がったDF酒井高徳がゴールライン際をえぐり、マイナスのクロス。これに小川が合わせてこの日2点目を挙げた。

 FWドウグラスのゴールで4-1として迎えた後半27分にもイニエスタがペナルティーエリア内右で相手を引き寄せ、逆サイドに浮き球のアシストを供給。フリーとなった小川がヘディングで押し込み、チーム5点目をもたらした。イニエスタは同42分にも自陣センターサークル付近でボールを受けると、途中出場のFW藤本憲明へピンポイントのスルーパス。藤本のシュートは相手GKの好セーブに遭ったが、アジアの舞台で違いを見せつけた。

 スペイン紙「マルカ」は、「イニエスタのリサイタル:2つの見事なアシストでACLデビュー。ゲームのハンドルを握り、2アシストと結果を残した」と、母国の英雄がアジアの舞台で見せたプレーを称賛。元スペイン代表FWダビド・ビジャが現役を退き、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキもトルコのアンタルヤスポルに移籍しただけに、新シーズンはより一層イニエスタの双肩に懸かる期待は大きくなりそうだ。

Football ZONE web編集部