レアルがレンタル選手の状況を分析 「クボも例外ではなかった」

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英のレンタル移籍を巡り、保有権を持つレアル・マドリードは“レンタル再配置”を検討していたという。レアル・マドリード専門メディア「ディフェンサ・セントラル」が報じた。

 久保は9日のリーガ・エスパニョーラ第23節エスパニョール戦(0-1)で後半途中から出場。フィジカルコーチから「人種差別的なジェスチャー」を受けた可能性が指摘されており、海外メディアでも話題となっている。

 その一方で、久保の去就についてレアルが検討していたと「ディフェンサ・セントラル」が報道。「レアル・マドリードは、冬の市場ですべてのレンタル選手の状況を分析し、タケフサ・クボも例外ではなかった」と伝えている。

 昨夏レアルからマジョルカに期限付き移籍で加入した久保は、徐々に出場時間を増やし、11月のビジャレアル戦(3-1)で移籍後初ゴールを決めるなど存在感を発揮。コンスタントに出場しているものの、1月に入ってからはベンチスタートが増えていた。

 記事では「クボは1月すべての試合に出場しているが、クボなしでチームがバレンシアに勝利(4-1)して以降、その重要性は下がっている」と指摘。「グラナダ戦では90分、バレンシア戦では10分、レアル・ソシエダ戦では19分、レアル・バジャドリード戦では31分、エスパニョール戦では25分出場。一方、カップ戦のサラゴサ戦ではフル出場した」と近況に触れている。

選手に対して「感触や狙いを問い合わせた」 最終的にマジョルカ残留を決断

 そうした状況もあり、「レアルは他チームへレンタル再配置の可能性を検討し、さらに選手自身に対して感触や狙いを問い合わせた」と言及。「最終的に時間の経過とともにより多くプレーしているという考えのもと、マジョルカに残る判断をした。事実11月、12月はしっかり出場機会があり、主役を務め、ゴールやアシスト(1得点2アシスト)で決定的な仕事をしている」と指摘している。

 久保の来季去就は不透明ながら、リーグ後半戦のパフォーマンスが影響を及ぼすのは想像に難くない。「マドリードでは彼に対する注目を続けており、日本人の状況を不快な思いとともに見守っている」と伝えるなか、18歳の日本人アタッカーは結果を残せるだろうか。

Football ZONE web編集部