【スペイン発コラム】最下位エスパニョールに敗れ降格圏転落…久保はリーグ4戦連続の先発落ち

 スペイン1部のマジョルカは9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節で、今季まだ1勝もしていない苦手なアウェーゲームでエスパニョールと対戦した。

 前節バジャドリード戦に0-1で敗れたマジョルカは2連敗となり、勝ち点を「18」から伸ばせなかったが、他の下位チームが躓いたことにより降格圏ギリギリの17位を辛うじてキープしていた。対するエスパニョールも、前節グラナダに1-2と逆転負け。勝ち点「15」のまま最下位に沈んでいた。

 今回の“残留争い直接対決”を前に、より燃えていたのがホームのエスパニョールだ。勝ち点3差のライバルとの大一番へ向けた意気込みは非常に強く、クラブ会員の同伴者に対してはチケットを5ユーロ(約600円)という格安で販売。そのため、わずか40時間で完売していた。

 また今回の対戦は、今季のアウェーゲーム未勝利のマジョルカ、ホームゲームで一度も勝利のないエスパニョールが激突するという意味でも注目を集めていた。

 バルセロナを本拠地とするエスパニョール戦との一戦は、現地時間12時にキックオフ。気温13度とやや寒いなか、エスパニョールサポーターは試合前にコレオグラフィーを作り、選手たちを迎え入れた。

 ビセンテ・モレノ監督はバジャドリード戦の4-4-2からシステムを4-2-3-1に変更。DFジョアン・サストレとFWクチョ・エルナンデスに代え、MFアレハンドロ・ポソとMFアレイシュ・フェバスを先発で起用し、日本代表MF久保建英はリーグ戦4試合連続のベンチスタートとなった。

 試合はマジョルカがボールをキープし、エスパニョールがカウンターを狙うという展開で時計の針が進んでいったが、両チームにゴールは生まれなかった。

 久保は後半最初にウォーミングアップを開始するも、エスパニョールは後半13分、今冬の移籍市場で加入したFWラウール・デ・トマスが公式戦5試合連続ゴールを記録した。

またも勝負弱さを露呈… アウェー成績は1分10敗という壊滅的な状況

 1点を追う展開となったマジョルカのビセンテ・モレノ監督は、すぐさまベンチワークを行い、後半20分に久保、同27分にクチョ・エルナンデスを立て続けに投入。システムを4-4-2に変化させ、久保は右サイドハーフでプレーした。

 しかし、マジョルカはエスパニョールの勢いを止められなかった。限られた出場時間のなか、久保はパスをあまり受けることができず、またもや守備に多くの時間を費やした。時折、左サイドに流れてドリブルを仕掛け、同41分には相手1人をかわして決定的なマイナスのクロスを入れるも、ゴール前にフリーで待ち構えたDFマルティン・ヴァリエントのシュートは枠を捉えられず、同点に追いつくことはできなかった。

 マジョルカにとってはそこまで悪い内容の試合だったわけではないが、またもやアウェーで勝負弱さを露呈し、0-1で敗れて3連敗となった。これで最下位のエスパニョールに勝ち点で並ばれ、セルタが勝利したため降格圏の18位に転落。さらにアウェー成績は11試合0勝1分10敗で、20チーム中最低勝ち点という壊滅的な状況が続いている。

 スペイン紙「マルカ」は試合翌日の紙面で、久保の評価について1点(最高3点)をつけた。チーム最高点はMFサルバ・セビージャ、MFイドリス・ババ、FWアンテ・ブディミルで2点。それ以外の選手は全員久保と同じ1点だった。

 スペイン紙「AS」の久保評価も1点(最高3点)。GKマノロ・レイナ、ヴァリエント、イドリス・ババ、サルバ・セビージャがチームトップの2点、それ以外の選手たちは全員1点となっている。

 試合後、スペインのラジオ局「オンダ・セロ」でエスパニョール担当を務めるホセ・アグスティン・ゴメス記者は、この日の久保について「キレ味鋭いプレーを見せていたし、何かをやろうという意欲があった。しかし、エスパニョールは試合に勝つ必要性が大いにあったので、久保にプレーさせないようにファウルを用い、あらゆる形で必死に彼を止めようと努めていたよ」と、エスパニョールが守備時に久保を自由にさせないように対応していたことを強調した。

ゴメス記者が采配に言及 「成長するために出場時間をより与える必要がある」

 また、久保の今後についてゴメス記者は「私は彼がバルサのカンテラでプレーしていた時のことを知らないが、カンテラ時代、ベストプレーヤーの1人だったと聞いている。そして今、彼はとても若く、非常に競争力の高いリーグにいるので、彼に対してもっと我慢強くならなければいけないし、特に成長するために出場時間をより与える必要がある。彼は素晴らしい才能を備えているよ」との見解を述べた。

 モレノ監督は久保をリーグ戦9試合ぶりにスタメンから外した第20節バレンシア戦で4-1という大きな成果を上げた。しかしその後、リーグ戦3連敗と結果が出ていないだけでなく、チームは1ゴールも決めていない。マジョルカがリーグ戦3試合連続で得点を奪えていないのは今季初。そのため早急に監督が、攻撃面で新たな決断を下すことに期待したい。チームになんらかの変革が必要なのは間違いないのだから――。

 マジョルカは次節、連敗阻止を目指してホームにアラベスを迎える。アウェーで行われた第7節では0-2で敗れていた。勝ち点9差で14位と順位が上の相手との対戦になるが、残留を成し遂げるためにも勝利が絶対に必要な一戦となる。

Football ZONE web編集部