ルブーフ氏は、ファン・ダイクはヴィディッチよりも「多くのことができる」と分析

 かつてチェルシーなどでプレーした元フランス代表DFフランク・ルブーフ氏が、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクについて言及。マンチェスター・ユナイテッドで活躍した元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチよりも「完璧に近い」と話している。英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えた。

 ファン・ダイクは2018年1月に当時DF史上最高額となる移籍金7500万ポンド(約94億円)でサウサンプトンからリバプールに加入し、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献。2019年度のバロンドール投票ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位に入り、世界最高のセンターバックとしての評価を確立した。

 新型コロナウイルスによりプレミアリーグは一時中断となってしまったものの、今季リバプールは昨季王者のマンチェスター・シティに勝ち点25と大差をつけてプレミア首位を独走。シーズンを通してリーグ最少の21失点と堅守を誇り、ユルゲン・クロップ監督の下で素晴らしいシーズンを送っている。

 ルブーフ氏は米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー番組「ESPN FC」のインタビューで、ユナイテッド在籍9シーズンでリーグ制覇5回を果たしたヴィディッチよりも、ファン・ダイクのほうが良いディフェンダーだと語っている。

「彼(ファン・ダイク)のほうがより完璧に近いと思う。ヴィディッチは闘犬のようで、ファンタスティックなディフェンダーだったから、彼のことは大好きだ。しかし、ファン・ダイクのほうがチームを牽引する力があるし、多くのことができる。ヴィディッチには脱帽するが、おそらくそのようなことはできなかっただろう」

 そして、ルブーフ氏は「ファン・ダイクはリバプールを変えたと思う。彼こそが(リバプールを)チャンピオンになれるチームにした」と続けている。

 加入からわずか2シーズンだが、ファン・ダイクがリバプールに与えた影響は大きかったようだ。新型コロナウイルスによるシーズン中断の行方が懸念されるが、リバプールは果たして、30年間待ちわびたプレミアタイトルを手にすることはできるのだろうか。

Football ZONE web編集部