【ドイツ発コラム】首位ビーレフェルトとの一戦、相手のシステム変更から流れが変わる

 サッカーでは監督の采配が試合の行方を決めることがある。特に選手交代はメッセージだ。そこからどのように戦い、どのような結果を狙うのか。チーム内でイメージをしっかりと共有できれば、落ち着いた試合運びをすることができるが、上手く伝わらないと意思の疎通が乱れて、相手に押し込まれてしまう。

 日本代表MF遠藤航が所属するドイツ2部シュツットガルトが首位ビーレフェルトを迎えた第25節の一戦では、そのあたりで監督の思惑と選手の解釈で少しずれが生じてしまったようだ。上位対決にふさわしく、両チームとも戦術秩序がしっかりと取られた戦いのなかで、ホームのシュツットガルトは徐々にリズムをつかんでいくと後半8分、元ドイツ代表FWマリオ・ゴメスのヘディングシュートで先制に成功する。

 待望の先制点からしばらくは主導権を握り、2点目を狙えるチャンスも連続で作り出していた。ところが後半20分、ビーレフェルトが選手交代からシステムを4-4-2に変更すると、少しずつ流れが変わってくる。

 同点を狙い、前から精力的にプレスをかけ始めてきたビーレフェルトに対して、シュツットガルトは中盤でのパスミスが目立つようになってくる。ペレグリーノ・マタラッツォ監督はFWゴメスを下げて、DFアタカン・カラソルを投入。3バックへの変更を決断した。

 この交代策をピッチ上の選手は、「守備を固めて逃げ切る」というメッセージと受け取ったようだ。試合の流れ、残り時間を考えるとそうした判断も理解できる。ただ、一気に攻撃的にギアを入れてきた相手とのパワーバランスを落ち着けるためには、消極的なプレーにつながることが一番良くない。人数をかけさえすれば大丈夫というわけではなく、各選手の役割を確認し、すぐにアクティブに動かなければならないわけだが、押し込まれていた時間帯に守備固めという展開はメンタル的に気持ちを後ろに下げてしまうことがある。

 3バック変更から3分後、相手のロングスローから守備が乱れ、途中出場のMFセビオ・ソウコウに同点ゴールを許してしまった。失点シーンだけを見れば、セットプレーから隙をつかれたもの。またソウコウがシュートの前に、シュツットガルトのDFパスカル・シュテンツェルの顔に肘打ちしていたようにも見える。スヴェン・ミスリンタットSD(スポーツディレクター)は、「間違いなくファウルだ。今シーズン何度目だ。我々が判定で不利になったのは」と、試合後のミックスゾーンで怒りが収まらない様子で主審の判定を批判していた。

守るのか、1点を取りに行くのか… 3バック変更で生まれた迷い

 一方で、相手の選手交代からのシステム変更に対応しきれず、この同点ゴール後に再度リズムをつかみ直すことができなかったのも事実だ。

 遠藤は試合後に、次のように振り返っている。

「相手が2トップ気味にして前に人数をかけたのに対して、底の自分が3バック気味にするのか、それとも前にプレッシャーをかけに行くのかというところは、ちょっとはっきりしなかったと思うんです。最後、5バック気味にしてもう守るっていうところだったので、ある程度押し込まれるのは仕方がないイメージだったですけど。1点目を取った後は、2点目を取りに行く必要性を見せるべきだと思うし、後ろが点を取ったからってずっと下がってというのは、ウチのやりたいサッカーではないと思う。

 今日に関してはもちろん3バックにして、最後は1-0でという戦い方をしましたけど、基本的には2点目を取りに行くチームだと思うので、そこは、もちろん監督の交代をしっかり僕らも中で感じながら、守るのか、もう1点を取りに行くのかっていうところの判断をしていければと思います」

 地元記者もミスリンタットSDに、「守備固めは失敗だったか?」と質問をぶつけていた。

「違う、そうではない。あれは守備固めではなかった。相手が2トップでプレスをかけてきたのに対して、3バックに変更することでより攻撃の起点を作り出せるための策だった」と、ミスリンタットSDは説明していた。

 確かにゴメスからカラソルへの交代をする前の時間帯では、ビーレフェルトの前からのプレッシャーに対してシュツットガルトのビルドアップが難しくなり、ロングボールが多くなってしまっていた。サイドバックのシュテンツェルも「ボールを跳ね返されるから押し上げずに、自陣にとどまってしまった」と分析するように、セカンドボールのほとんどを相手に支配されていた。

 マタラッツォ監督は「ゲームのコントロールを取り戻すために」という意図で、3バックを決断した。試合メモを読み返すと、後半15分から同30分の失点シーンまで遠藤1人でミスパス、ボールロストが4度あった。パスをつなごうにも、前線に運ぼうにもボールの出口が全くなかった時間帯だ。

1部昇格へ、細部を突き詰めていけるか

 ボールを落ち着かせるのか、素早く攻めるのか。そのあたりの意思疎通が乱れてしまっていた。マタラッツォ監督の狙いは間違っていない。ただ、それがピッチ上の選手にスムーズに伝わりきらなかったところを相手につかれてしまった。

「やっぱり2点目を取るのが理想。1点取った時間帯が早かったので、もう1点畳みかけて取りたかったのが本音かなと」

 遠藤がそう振り返るように、良い時間帯に2点目が取れていたら、試合はまた異なる展開になっていただろう。あのスローインからの失点がなければリズムを取り戻し、攻勢に持ち込むこともできたかもしれない。サッカーの試合は、細部で差が生まれることもある。そのあたりで違いを生み出し、相手との駆け引きに勝ち、結果に結びつけられるかどうか。

 ビーレフェルトが首位を走っているのには理由があるし、シュツットガルトがここから無事昇格を果たし、来季1部で戦っていくためには、細部をさらに突き詰めていく必要があるのだろう。もちろん、まずは新型コロナウイルスの猛威が沈静化し、残りの試合がきちんと消化されればの話だが……。

Football ZONE web編集部