“王様”ペレが世界最高のブラジル人選手を明言 「優れた選手だが過ちを犯してしまう」

 “サッカーの王様”と称されたブラジル代表のレジェンドであるペレは、世界最高のブラジル人選手について問われると、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールについて言及し始めた。「彼は騒動の磁石を持っているようだ」とプレー面以外の騒動を批判しつつも、「世界最高の選手の1人」であることを認めた。衛星放送「FOXスポーツ」ブラジル版が伝えている。

 16歳でブラジル代表入りしたペレはワールドカップに4回出場して3回も栄冠を手にし、世界最高の選手の証として「サッカーの王様」という称号を得ている。そんな“史上最高”のブラジル代表レジェンドにYouTubeチャンネル「Pilhado」がインタビューを敢行。「あなたに次ぐ史上2番目のブラジル人サッカー選手」について尋ねると、ペレはネイマールについて言及し始めた。

「私ですら時々ネイマールの品質を疑うことがある。それらの疑わしきことは、フィールドの外で起こっている。何度か彼と話したことはあるが、説明するのが難しいことが分かった。彼は騒動の磁石を持っているようだ。このことは、実際には彼が優れた選手であることを人々に忘れさせようとする。私は彼が世界最高の選手の1人だと思っているが、彼は何らかを証明したいという気持ちからか、時々過ちを犯してしまい、上手くいかない」

 ペレはネイマールについて実力は申し分ないと力説しながらも、しばしば報じられるスキャンダルが選手としての品質を落としていると主張。そして、それに対して注意をしたようだが、まだ目に余ることを訴えていた。

Football ZONE web編集部