新型コロナ感染拡大を防ぐべく、他クラブとの交流を禁止「一人の選手が感染すれば…」

 新型コロナウイルスの感染拡大により、韓国のKリーグは開幕が延期になっている。韓国プロサッカー連盟は17日、各クラブに「試合は自分たちのクラブ内での紅白戦に限定する。他クラブとの練習試合は禁止する」と通達した。韓国のサッカー専門サイト「フットボリスト」が伝えている。

 記事によれば、Kリーグは感染を防ぐことを最優先とし、決断に至ったという。

「新型コロナウイルスの流行が確認されて以降、徹底的に隔離状態を維持してきたKリーグチームは、3月に入り、練習試合をスタートさせた。通常、練習試合の相手は地域の実業団と大学チームの場合が多い。しかし、もっとも防疫を徹底するプロチーム同士の練習試合をすることが、危険度を最小化する方法と考え、少しずつ実現するような雰囲気もあった。しかし、連盟はこうした雰囲気を断ち切った」

 一方で、Jリーグでは21日に鹿島アントラーズとコンサドーレ札幌のトレーニングマッチが行われ、「DAZN」でも生配信された。その点では日韓で多少の温度差があるようだ。

 記事では、韓国プロサッカー連盟の関係者が「一人の選手が感染すれば、相手のチームにまで早く移ってしまうことが海外の事例で確認される」と語っている。

 実際、欧州で急激に感染者が増えており、サッカー界ではプレミアリーグやセリエAなどで選手への感染が確認されている影響は大きいだろう。感染者の数が少ない日本も安心はできないが、Jリーグクラブがトレーニングマッチを行うのは、シーズン開幕を待つファンにとっては楽しみの一つでもある。今後も各国の現状に沿った対応策が求められる。

Football ZONE web編集部