19年6月から神戸を率いるフィンク監督、日本で衝撃を受けたエピソードを告白

 J1ヴィッセル神戸を率いるドイツ人のトルステン・フィンク監督は、昨季途中の6月からチームを率い、今季で2シーズン目に突入している。現役時代にバイエルンで活躍し、指導者として欧州4カ国で指揮したドイツ人監督は、日本人の驚くべき“神対応”に感銘を受けたと明かしている。ドイツメディア「ドイチェ・ヴェレ」が報じた。

 フィンク監督は現役時代にバイエルンで数々のタイトルを獲得し、指導者転身後は母国のインゴルシュタット04やハンブルガーSV、スイスのFCバーゼルやグラスホッパー・クラブ・チューリッヒ、キプロスのAPOELニコシア、オーストリアのFKアウストリア・ウィーンで指揮を執った。

 2019年6月、低迷する神戸の新監督に就任したフィンク氏は徐々にチームを立て直し、リーグ戦を8位でフィニッシュ。今年元日の天皇杯では鹿島アントラーズを撃破し、初タイトルをチームにもたらす手腕を発揮している。さらなる飛躍が期待される今季は、チーム初出場のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で開幕2連勝を飾りグループ暫定首位をキープ。リーグ開幕戦では横浜FCに1-1とドローのスタートを切っていた。

 来日から10カ月近くが経つなか、フィンク監督は早くも日本人の国民性に魅せられているという。ドイツメディア「ドイチェ・ヴェレ」は「フィンクは日本に着いた後、ほとんど日本語を話せず、『ありがとう』『こんばんは』などの基本的な言葉しか知らない。しかし彼が港町に住んでいる間、特にATMにお金を置き忘れた時に、信じられないほど親切だったと彼は説明する」と伝え、フィンク監督は自らの言葉でその時のエピソードを振り返っている。

「私の後ろにいた人が、機械にお金を忘れていると言って、お金を私に手渡してくれた。それはドイツや欧州では起きない。ここにいる日本人はとても立派で、自分の自転車に鍵をかけずに離れることだってできるんだ」

 衝撃を受ける出来事だったと語るフィンク監督。新型コロナウイルスの影響でJリーグ再開は不透明な状況が続くが、日本での生活は良い意味で驚きの連続のようだ。

Football ZONE web編集部