20年1月にCSKAモスクワから期限付き移籍、新型コロナの感染拡大で状況一変か

 ポルトガル1部ポルティモネンセに所属しているFW西村拓真が契約を解除し、日本へ戻ると現地紙「A BOLA」が報じた。その理由として「コロナウイルスのパンデミックに直面」を挙げている。

 ベガルタ仙台で4シーズンにわたってプレーした西村は、2018-19シーズンにロシア1部CSKAモスクワへ移籍し、12試合2ゴールの結果を残した。20年1月にポルティモネンセへ期限付き移籍したなか、新型コロナウイルスの感染拡大で状況が一変したようだ。

 ポルトガル紙「A BOLA」は「タクマは撤退して日本へ戻る」と見出しを立てて報道。「CSKAモスクワのから冬の市場で加入した23歳の日本人ストライカーであるタクマ・ニシムラは契約を終了し、母国へ戻る」と記している。

 記事では「コロナウイルスのパンデミックに直面し、家族から離れて留まることに我慢できなかった」と理由について言及。今後の動向は不透明ながら、現在の騒動によって海外日本人プレーヤーにも様々な余波が及びそうだ。

Football ZONE web編集部