山東魯能MFフェライニに陽性反応 中国スーパーリーグの選手で最初の感染者に

 現在、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、世界の大半でリーグ戦が中断されている。そんななか、中国スーパーリーグの山東魯能に在籍するベルギー代表MFマルアン・フェライニに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことで、「中国の問題は終焉には程遠いことをはっきりと思い知らせた」と英メディアが指摘している。

 中国・武漢が発生源とされる新型コロナウイルスは世界で急速な拡散を見せており、欧州全域のリーグも中断を強いられる事態に。一方、中国は1日あたりの感染者数が減少しており、延期の措置が施されているリーグ戦も再開が現地味を帯びている。

 そんななか、英紙「ザ・サン」は「かつてマンチェスター・ユナイテッドとエバートンでプレーしたフェライニが新型コロナウイルスの検査で陽性反応」と見出しを打ち、昨夏にユナイテッドから山東魯能に加入したフェライニが新型コロナウイルスに感染したことを伝えている。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「コロナウイルスの発生源となった中国国内のリーグで感染した最初の選手となった」と説明しており、「中国での感染はここ数カ月で減少していたが、フェライニの検査結果が中国の問題は終焉には程遠いことをはっきりと思い知らせた」と警鐘を鳴らしている。中国では現在、新型コロナウイルスの感染者が8万人超、死者は3000人以上にまで上っている。

Football ZONE web編集部