【スペイン発コラム】マジョルカ在住の日本人記者が見た“非日常” 「街全体が止まっている」

 それは異様な光景だった。

 3月13日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてスペインで非常事態宣言が出て以来、住民は事実上外出ができない状態になっている。家の窓から見える範囲で人や物が動いている様子はなく、子供たちの歓声や雑踏は消え、聞こえるのは鳥のさえずりぐらい。街全体が止まっているのだ。

 数少ない外出理由である生活必需品の買い出しに出ても、その違和感は払拭されるどころか確信に変わる。歩いているのは犬の散歩に出ている人だけで、行き交う車も非常にまばらだ。

 約10日が経過した現在、いくらか状況は落ち着きを見せているとはいえ、行き交う人たちは手袋やマスクを着け、用事だけを済ませ足早に去って行く。道端で顔なじみと出会っても立ち話をするのがはばかられるような雰囲気……。これまで一度もマスクや手袋をしている人を見かけたことがなく、いつもなら挨拶に抱擁し、聞いてもいない予定まで自分から言ってしまうスペイン人の日常から考えると、真逆に針が触れてしまったほどの変化と言える。

 いくつかの意味で史上初めての事態となるなか、サッカー界でも今後受けるであろう影響が、おぼろげながら見え始めている。

 まずはリーガ・エスパニョーラが、いつ再開するかという点だ。複数の報道によると、リーガは早ければ4月半ば、遅くとも5月中と複数の時期を睨みながら調整が続いている。一時語られていた現時点での閉幕は、現状で選択肢にないと考えられる。

 続いて経済的損失。様々な形でかなりの数字が出てくるだろうが、「ムンド・デポルティーボ」紙によるとバルセロナは予定されていた収入が見込めないことから、選手に給与のダウン提示をすべく下調整をしているという。今後他クラブを含めた話し合いで、この流れの大勢が決まると考えられる。

 当然のことながら、選手のコンディションにも悪影響が出る。すべてのクラブがチーム練習を止め、選手それぞれが自宅でトレーニングをしている状況だが、その代償は少なからずある。前アーセナル監督のウナイ・エメリ氏は「マルカ」紙に対し、「再開する前に全チームに7〜14日の準備期間が与えられるのが妥当ではないか」との見解を示している。

久保が今季最終節までプレー可能かは不透明、東京五輪の開催時期も去就に影響?

 スペインで戦う日本人選手の中で最も先行きが不透明なのは、今季レアル・マドリードからマジョルカへレンタル移籍中の日本代表MF久保建英だろう。日本で最も期待される若手選手の1人であり、マジョルカでも攻撃の中心として味方を動かすタイプだが、それ以上に巨大な存在が久保自身の将来を左右することになりそうだ。

 まずは今後のリーガ日程。状況によれば今シーズン最終日となる6月30日になっても今季が終了しない可能性があり、選手の契約に関してFIFA(国際サッカー連盟)による救済措置がなされるとの見方もあるが、期限付き移籍中の久保が最終節までプレー可能なのかは、現時点で不明となっている。

 続いて保有元レアルの動向だ。大方の予想では、来季もレンタル移籍が濃厚となっている。今のところ行き先の最有力候補はレアル・ソシエダだが、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの去就など複数の要素から少なくない影響を受けることになりそうだ。

 そして最後に東京五輪である。この原稿を書いている時点では開催時期が不明だが、ここ数日、特に欧州から来年に延期すべきとの意見が高まっている。開催が今年にしろ来年になるにしろ、五輪に参加することでレアルなど所属チームのプレシーズン合宿へ参加できなくなる。ある意味、その後のシーズン序盤を棒に振って代表チームへ参加することになるため、この点が久保の新天地決定に影響を与えることは十分に考えられる。

 いずれにしろ、いまだに欧州では感染拡大の勢いが衰える気配を見せない新型コロナウイルスが、各方面でのカギを握ることになりそうだ。見通しが分からない段階でメディアの話題として扱われているのは、自身初のスペイントップリーグ参戦でここまでにいくつかの結果を残し、周囲を認めさせてきた久保の実績というところか。そしてこの先、とてつもなく大きな壁や障害を前にしても地道に前進していくことで、さらなる成長が待っているのかもしれない。

Football ZONE web編集部