バロンドール受賞者オーウェン氏の“トイレットペーパーチャレンジ”が話題に

 元祖“ワンダーボーイ”として知られる元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏が自身の公式インスタグラムを更新。独特な“トイレットペーパーチャレンジ”を公開し、海外メディアからも注目されている。

 リバプールの下部組織で育ったオーウェン氏は、1996-97シーズンに17歳にしてトップデビューを果たすと、その試合で初ゴールを記録。すぐさま出場機会をつかむと、97-98シーズンには18得点をマークし、18歳にしてプレミアリーグ得点王を獲得した。イングランド代表として98年夏のフランス・ワールドカップ出場を経て、98-99シーズンも18ゴールを奪って2季連続で得点王に輝き、“ワンダーボーイ”としてその名を轟かせた。

 リバプールではリーグ戦216試合出場118得点を記録し、2004年にレアル・マドリードへ移籍するも、度重なる負傷の影響で主力に定着できず、わずか1年で退団。ニューカッスル移籍でイングランドに帰還した後、マンチェスター・ユナイテッド、ストーク・シティへの移籍を経て、13年に現役生活にピリオドを打った。

 現在は世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、家の中でできるトイレットペーパーをリフティングする“トイレットペーパーチャレンジ”がSNS上で流行しており、オーウェン氏も自宅でこれに挑戦。ただ単純にリフティングするだけではなく、トイレットペーパーを自宅のトロフィー棚に向かって蹴ると、とあるトロフィーの上にすっぽりと収めることに成功した。

 そのトロフィーとは、2001年のバロンドール。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったオーウェン氏は、公式戦46試合24ゴールを記録し、リバプールのカップ・トレブル(UEFAカップ、FAカップ、リーグカップ)に大きく貢献。“世界一”の栄誉を手に入れていた。

 スペイン紙「マルカ」は「マイケル・オーウェンがトイレットペーパーチャレンジの小道具としてバロンドールを使用」と注目し、2001年当時は元スペイン代表FWラウール・ゴンザレス氏と元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏を上回っての受賞だったことにも言及。米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは「マイケル・オーウェンがかつてバロンドールを受賞したことを思い出させる」と綴り、オーウェン氏による茶目っ気のある“アピール”と捉えていた。

 現役時代は怪我に悩まされ、ピークの時期は決して長くなかったオーウェン氏だが、引退後の今もファンを楽しませるという点では一向に衰えを見せていない。

Football ZONE web編集部