小川が公式インスタグラムを更新し、東京五輪延期について思いを綴る

 東京五輪は24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて今夏の開催を延期する方針でIOC(国際オリンピック委員会)に承認された。U-23日本代表のエース候補でもあるジュビロ磐田FW小川航基は、自身のインスタグラムを更新。東京五輪の来夏までの延期を受けて、問題となる年齢制限について言及した。

 今夏開催予定だった東京五輪はこの日、安倍晋三首相とIOCバッハ会長が電話会談を行い、1年程度の延期をする方針で決定。U-23日本代表を率いる森保監督は「東京五輪開催時によりパワーを持って臨めるよう、これまで積み重ねたものをさらに積み上げていきます」と決意を新たにしていた。サッカー界では同じく今夏に行われる予定だった欧州選手権(EURO)やコパ・アメリカの来年への延期がすでに決まっていた。

 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスだが、現在は各国のリーグ戦をはじめ、国際試合なども中断。U-23日本代表が3月に臨む予定だった国際親善試合27日に予定されていた南アフリカ戦、30日のコートジボワール戦も中止となった。今回の強化試合は国際Aマッチ期間に行われるため、A代表常連であるMF堂安律(PSV)や、MF久保建英(マジョルカ)、DF板倉滉(フローニンゲン)らの招集も可能で、貴重な合宿となる予定だった。だが、それだけでなく、五輪本番が来夏までの延期となってしまった。

 これを受けて、小川は自身のインスタグラムを更新。「東京オリンピック延期」と題して、素直な思いを綴った。

「今回の東京オリンピック延期は非常に残念です。ただこの延期については誰のせいでもなく人の健康が第一ですし仕方のないことです。ただこのモヤモヤをどこにぶつけていいのかもわからないです。選ばれていたわけでもなんでもないですが、まずはこの夏の東京オリンピックというものを目指し、死に物狂いで食い込もうといろんなものを犠牲にして時間を使ってきました」

 小川は昨夏、磐田から出場機会を求めて水戸ホーリーホックへ期限付き移籍。17試合7得点の活躍を見せた。東京五輪世代の主力として期待される堂安や久保、MF中山雄太(ズウォレ)らがメンバーに名を連ねた17年U-20ワールドカップ韓国大会でも大会中に負傷したものの、エースとして牽引したストライカー。昨年12月にはE-1選手権香港戦のA代表デビュー戦でハットトリックを達成した。

「年齢制限が気になります」と素直な思いを吐露

 東京五輪本番でも期待を受ける小川だが、サッカーは年齢制限があり、1997年1月1日以降に生まれた選手が本大会に参加できる。これに年齢制限のないオーバーエイジ枠3人を含めた18人が登録可能。現行規定のままだと、来年開催される五輪には97年8月8日生まれの小川は出場できないことになる。特例が設けられるかは現状では不透明だが、選手にとっては、不安な状況であることに変わりない。そして、小川はこれについて言及している。

「来年開催されるとなるとやはり年齢制限が気になります。いろんな報道がありわからないですけど、僕は必ず出場できる権利を得られることを信じてます。そして必ず選ばれて点を決めたいです。Jリーグも延期が決まりましたがどんな時も次の試合に向けて最高の準備をし続けるのがプロだと思います。たいした選手ではないですが一流の選手になれるように日々頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

 素直に「年齢制限が気になります」とし、「必ず出場できる権利を得られることを信じています」と、祈るような思いを明かした小川。ここまで、東京五輪出場を目指して戦ってきた選手のためにも、年齢制限問題は一刻も早く解決してもらいたいものだ。

Football ZONE web編集部