五輪延期で様々な余波、A代表と五輪代表を兼任する森保監督に多くの難題

 東京五輪の延期が基本合意にいたったとIOC(国際オリンピック委員会)が発表した。A代表とサッカー男子五輪代表を兼任する森保一監督は公式コメントで「各活動を充実させて、東京オリンピック開催時によりパワーを持って臨めるよう、これまで積み重ねたものをさらに積み上げていきます」と語ったが、多くの難題が待ち受けそうだ。

 大きなネックは現時点で”おおむね1年程度”という見通しの日程がいつ、どこの日程に組み込まれるかということ。サッカーは五輪でも興行面で大きなコンテンツの一つだが、サッカー界全体からすれば特に優先される大会ではない。資格がU-23の選手と3人のオーバーエイジに限定され、しかもFIFA(国際サッカー連盟)から代表チームの拘束権を与えられていないことが何よりの証拠だ。

 それでも通常は夏開催であるため、秋春開催が中心の欧州リーグからもクラブの合意次第で参加できるケースは多かった。しかし、今回はサッカーだけでなく、様々な事情を考慮して春開催や欧州リーグなどがシーズン終了していない時期の開催もあり得る。開催が来年になれば出場資格がU-23のままだと、もともと出場資格のあった97年生まれの選手が参加できないのではないかという声もあるが、それ自体はFIFAがU-24に変更する例外措置をIOCに提案して、合意すればいい話なので、そこまで大きな障害ではない。

 大きな影響を受けそうなのが開催時期だ。”おおむね1年程度”の候補は8月とは限らない。コロナが収束する前提で予選との兼ね合い、アスリートの準備や環境などを考えれば春先の開催は十分にあり得る。ただ、そうなるとサッカーの場合は欧州リーグなどのレギュラーシーズンに日程が被ってしまい、クラブからの選手の供出が難しくなる。特に主力として活躍している選手ほど参加の見通しは難しくなるだろう。

 6月から7月頃に開催される場合は開催が1年延期されたEUROやコパ・アメリカと日程が重なり、オーバーエイジも含め、各国のA代表クラスが参加することは難しくなる。もちろん日本の場合はその支障はない。もともと欧州のシーズンが終わってから準備をして本番に臨む時間がタイトになるが、カレンダーが決まれば本番から逆算して強化プランを立てて行くことは可能だ。ただ、W杯(ワールドカップ)のアジア最終予選と東京五輪の日程が被るような場合は前者を優先するべきだろう。

解任ではなく契約満了、A代表監督を交代するタイミングとしても悪くない

 どのような日程になるにせよ、日本にとって最大のネックになるのが森保監督のA代表と五輪代表の兼任だ。もともと兼任に対する批判や懸念は上がっていたが、森保監督の資質や体力を語る以前に、そもそも無理が生じてくる。二次予選の残りの日程が後ろ倒しになったこともあり、本大会までは五輪の活動に専念することを表明したが、五輪が1年延長することで、来年予定されるW杯アジア最終予選に向けてA代表の強化がより重要性を増してくる。

 そして選手と同じく、A代表の活動期間と東京五輪のスケジュールが被る場合の問題が出てくる。そもそも森保監督が兼任監督になったのはA代表と五輪世代のラージファミリーを作ることで、オーバーエイジ問題を解決し、さらに五輪を経験した選手たちから1人でも多く、A代表のメンバーとしてアジア最終予選、さらにはカタールW杯で活躍するという青写真があったからだ。

 今回の延期決定を受けて、東京五輪より前に最終予選がスタートすることが確実になり、五輪を優先したA代表の活動ができない状況において、兼任監督はデメリットとリスクが大きく、継続することがほとんど意味をなさない。すでに4連勝している二次予選は敗退のリスクが小さいこともあり、A代表の監督を交代するタイミングとしては悪くない。もともと森保監督の就任から2年後に見直す条項があり、交代の場合も解任ではなく”契約満了”となるはず。

 もちろん、その場合も森保監督は東京五輪での金メダルを目指し、U-23チームを本番まで率いることになる。反町康治技術委員長が誰をリストアップするのかという新たな関心事が出てくるが、それはまた別の機会に譲りたい。

Football ZONE web編集部