世界中に散らばっている「ネクスト・メッシ」を英紙が特集

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、今季リーガ・エスパニョーラで3ゴール3アシストの結果を残している。現在レアル・マドリードから期限付き移籍中のなか、世界中にあふれている「ネクスト・メッシ」の1人として英紙「ザ・サン」が日本人アタッカーに注目し、「この愛称の通りにプレーする最高のチャンスがある」と期待を寄せている。

「“ネクスト・メッシ”と呼ばれるプレーヤーは、ここ数年で十数人にのぼる。しかし、バルセロナのアルゼンチン代表スター、リオネル・メッシの足もとにも及ばず……その水準に達した選手はいない」

 世界中に散らばった“ネクスト・メッシ”と呼ばれる24人の選手を紹介したのが、英紙「ザ・サン」だ。「小柄で速く、ドリブルで相手を圧倒できる若いプレーヤーが現れると、彼は“ネクスト・メッシ”と呼ばれる」と皮肉交じりに指摘し、「ペルーから南アフリカ、日本からイランまで、20数カ国が独自の小さな天才を生み出してきた」と付け加えている。

 候補者24人のなかで真っ先に登場したのは、「イングランドのメッシ」と称されるミドルスブラの23歳MFパトリック・ロバーツだ。セルティック時代について「ブレンダン・ロジャーズ監督の下で7つのトロフィーを獲得したが、ロバーツは多くの負傷により、期待されたほどの成績は残せなかった」と記されており、今季プレミアリーグでも3試合ノーゴールと苦しんでいるのが実情だ。

「日本のメッシ」久保のポテンシャルに英紙も太鼓判 「愛称の通りに…」

 そのなかで久保は「日本のメッシ」として紹介。「バルセロナの補強禁止後、彼はプレー資格を失ったので故国に戻ることを決意した。今季、レアル・マドリードに引き抜かれたが、マジョルカに貸し出されている」と現状に触れている。

 バルセロナが国際移籍で原則禁止されている18歳未満の外国籍選手を獲得し、補強禁止処分を受けていた。この余波を受けて、18歳まで公式戦に出場できないことになった久保は日本へ帰国し、FC東京に加入。その後、バルセロナの宿敵レアルへ完全移籍している。

 期限付き移籍中のマジョルカではコンスタントに出場し、見る見る逞しさを増しており、18歳とは思えない冷静沈着なプレーも披露。鮮やかなテクニックで年上の選手たちを次々と手玉に取るなか、英紙も「まだ18歳の久保には、この愛称の通りにプレーする最高のチャンスがある」と秘めたポテンシャルに太鼓判を押していた。

 現在新型コロナウイルスの影響を受けて、スペインもリーグ戦が一時中断しており、久保にとって貴重な成長の場となる公式戦の機会が失われているが、近い将来“ネクスト・メッシ”の殻を破る久保の姿が見られるだろうか。

Football ZONE web編集部