チェルシー18歳ギルモア、イニエスタ、シャビ、セスク、ブスケッツのプレーを観察

 昨年8月にプレミアリーグデビューを飾ったチェルシーの18歳MFビリー・ギルモアが、幼少期に影響を受けた選手としてJ1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらバルセロナの“カルテット”の名前を挙げた。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 スコットランドの名門レンジャーズの下部組織で育ったギルモア。「神童」として注目を浴びた逸材は2017年にチェルシーに引き抜かれ、昨年18歳でトップデビューを飾った。

 身長166センチという小柄なMFが幼少期からインスピレーションを受けていたのは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWやリオネル・メッシ(バルセロナ)のようなストライカーではなく、ゲームを組み立てる司令塔だったようだ。

「僕がまだ小さい頃、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシを見ていた。周りのみんなもそうだった。でも自分の試合を分析するようになって、どんな選手になりたいのか考えた時に思ったのはアンドレス・イニエスタやシャビ、セスク・ファブレガスのような選手だったんだ。彼らのパスやボールの受け方などすべてが鋭かった。セルヒオ・ブスケッツもそうだ。バルセロナの試合を見る時はブスケッツを見ていた。すべてが彼を中心としていた」

 18歳にしてスコットランドU-21代表に名を連ねるギルモアのプレーは、“バルサイズム”を継承した4選手に強い影響を受けたと明かした。

 3月3日に行われたFAカップ5回戦のリバプール戦ではスタメンフル出場を果たし、2-0の勝利に貢献。続く8日のプレミアリーグ第29節エバートン戦(4-0)ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど強烈なインパクトを残したギルモア。イニエスタ、シャビらインスパイアされた新星のさらなる活躍に注目だ。

Football ZONE web編集部