2019年9月のリーグ杯サンタクララ戦で見せた美技に再脚光「スキルも必要になる」

 日本代表MF中島翔哉は2019年7月にポルトガルの強豪ポルトへ移籍し、新型コロナウイルスによる中断までにリーグ戦16試合1アシストを記録している。英メディア「Dugout」は、同年9月に中島が繰り出した美技に再注目。「ロナウジーニョはきっと感銘を受けただろう!」と絶賛している。

 東京ヴェルディユース出身の中島は、東京Vのトップチームに昇格後、カターレ富山、FC東京でプレー。レギュラーをつかんだ2017年夏にポルトガル1部ポルティモネンセへ海外移籍を果たした。

 2018-19シーズン途中にカタール1部アル・ドゥハイルへ移籍。半年後に名門ポルトと5年の長期契約を結んだ。強豪ゆえに競争も激しく、リーグ戦ではスタメン出場5回にとどまっているが、随所に持ち味を発揮してきた。その一つが、昨年9月25日に行われた国内リーグカップ初戦のサンタクララ戦だった。

 絶妙なクロスから移籍後初アシストで決勝点を演出し、1-0の勝利に貢献した背番号10だったが、話題を呼んだのは後半に見せた切れ味鋭いエラシコとバックヒールパスだった。自陣で縦パスを受けようとした中島に対し、サンタクララのブラジル人DFルーカス・マルケスがタックルを仕掛けたが、中島は一足先にボールに触り、右足裏でボールを手前にコントロールしながら鋭く反転。続いて目の前に立ちはだかったDFラファエル・ラモスも鋭いエラシコで置き去りにした。

 また、その後のプレーでは敵陣左サイドのタッチライン際に追いつめられ、後方から相手2人に寄せられた中島だったが、右足のバックヒールで味方にパスを通し、局面を打開している。

 バルセロナやレアル・マドリード、ユベントス、リバプールなど欧州5大リーグのビッグクラブと提携し、プレー動画を世界へ発信している英メディア「Dugout」で、映像編集部リーダーを務めるマーカス・チャン氏は、中島の“大技”に賛辞を送っている。

「試合のなかでそのようなこと(エラシコ)に挑戦するには、大胆さと勇気が必要だ。成功させるにはスキルも必要になる。ロナウジーニョはきっと感銘を受けただろう!」

 エラシコと言えば、元ブラジル代表FWロナウジーニョが得意とした技だが、そのファンタジスタの心にも響くほどのインパクトだった、との見解を示している。中島は日本代表でも10番を背負う主力だけに、リーグ再開後にポルトで定位置をつかみ取りたいところだ。

Football ZONE web編集部