バルセロナ公式インスタグラムがイニエスタの退団会見を回想「いまだに悲しい」

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは2018年夏にバルセロナを退団し、ヴィッセル神戸に加入した。Jリーグで3年目のシーズンを迎えているなか、バルセロナ公式インスタグラムは退団会見でイニエスタが見せた涙に再び脚光を当てている。

 下部組織時代からバルセロナ一筋だったイニエスタは2018年夏に新たな挑戦に踏み切った。ラストゲームとなった2018年5月20日のリーガ・エスパニョーラ第38節レアル・ソシエダ戦(1-0)では、ホームのサポーターがイニエスタの背番号「8」を横にした「∞」という、無限大を意味したコレオをスタンドで形成し、レジェンドの旅立ちに華を添えた。

 主将を務めていたイニエスタは後半37分に途中交代すると、目に涙を浮かべながらチームメートとハグを交わし、次期主将であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにキャプテンマークを託し、スタジアム中で沸き起こる万雷の拍手に見送られた感動的なシーンが世界各国でも取り上げられていた。

 あれから約2年の月日が経過したが、バルセロナ公式インスタグラムは退団会見に回想。「全員の胸を締め付けた瞬間から2年。イニエスタのドキュメンタリー映画である『The final act』を観る機会だ」と文章を添え、イニエスタのドキュメンタリー映画のワンシーンを動画で投稿している。

 ラストゲームの1カ月前に退団会見に臨んだイニエスタだったが、クラブへの思いを語っている最中、言葉に詰まって目頭を熱くしていた。溢れる涙を堪えることができずにいたが、チームメートやスタッフに感謝の弁を述べていた。

 コメント欄では「いまだに悲しい」「あなたが恋しい」「愛すべき存在」「キャプテン」「バルセロナの象徴」と反響が寄せられていた。イニエスタは依然としてバルセロナの英雄として愛され、語り継がれているようだ。

Football ZONE web編集部