今季から広島でプレーするブラジル人MFエゼキエウが来日後の思いを告白

 J1サンフレッチェ広島のブラジル人MFエゼキエウは、今季から日本で初の海外挑戦をスタートさせたなか、来日直後について「1カ月は苦しんだ」と告白している一方、「今ではコミュニケーションを取れている」と語っている。ブラジルのサッカーサイト「FOGAOnet」が報じた。

 22歳のエゼキエウは今季、母国クルゼイロから広島へ加入。2月23日のJリーグ開幕節・鹿島アントラーズ戦(3-0)ではベンチ外となったが、今季の活躍が期待されている1人だ。開幕節直後、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、シーズンは中断状態が続いている。

 そんなエゼキエウに母国メディアが注目。「Canal do TF」のインタビューで、「エゼキエウは、新型コロナウイルス流行の真っ只中にあって、当局のガイドラインを尊重するよう呼びかけた」と伝えた。ブラジルでは、日本以上に感染が広がっており、エゼキエウは「自主隔離を意識するしかない。それが日常生活に戻って、家族に会う唯一の方法だから」と語る。

 また「来日を受け入れた時、家族が恋しくなると思った」と移籍を決断した時の心境を吐露しつつ、「それに、こんな騒動が起こるとは思いもしなかった。不幸にもそれが起こってしまった。外出が必要な時は、マスクとアルコールジェルを携帯して出ているよ」と現状を説明している。

受難のシーズンも前向き 「今ではしっかりコミュニケーションを取れている」

 さらにエゼキエウは日本への適応について触れ、「すごく迅速に対応できたと思う。ただ最初の1カ月は言語面で苦しんだけどね」と告白。自身にとって初の海外移籍であり、さらに言語の壁もあって戸惑うことも少なくなかったようだ。

 もっとも、そうした状態も時間とともに解消している模様で、「今ではしっかりコミュニケーションを取れている。サッカー面はブラジルと似ているね。当然だけど、いろいろなことが起こるよ」と口にしている。

 Jリーグの再開が見えないなか、海外助っ人プレーヤーにとっても受難のシーズンとなっているが、それでもエゼキエウは前向きに日々を過ごしているようだ。

Football ZONE web編集部