キーパス20本で久保が3位にランクイン、データが物語る今季の好パフォーマンス

 マジョルカの日本代表MF久保建英は今季リーグ戦で24試合に出場して3ゴール2アシストの結果を残しているなか、英サッカーデータサイト「Whoscored.com」が欧州5大リーグ10代選手の中からキーパスのランキングを発表し、18歳の日本人アタッカーが堂々の3位にランクインしている。

 久保は19年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍し、シーズン開幕後にマジョルカへ期限付き移籍。徐々に存在感を示すなかでスタメン出場が増え、チームに不可欠な存在となっている。

 そんな久保の好パフォーマンスを物語るデータが発表された。「Whoscored.com」公式ツイッターは、「今季の欧州5大リーグ10代選手のキーパス最多記録」と記してトップ3をリストアップしている。「キーパス」とは、絶妙なパスで決定的チャンスを演出しながらゴールに至らなかったプレーを指す。いわば「アシスト未遂」と言えるデータだ。

 そのなかでキーパス20本をマークし、3位にランクインしたのが久保だ。チームは18位と残留争いを強いられ、28得点(リーグ15位)・44失点(リーグ19位)と攻守ともに大きな課題を抱えている。久保は右サイドを主戦場に数多くのチャンスを作り出しており、チームメートがフイにする場面も少なくない。苦戦を強いられるマジョルカにおいて、久保の奮闘ぶりが見て取れる。

2位は強豪クラブで台頭する快速DF、1位は名手ピルロ彷彿の19歳MF

 2位は、カナダ代表の19歳DFアルフォンソ・デイヴィスの28本だ。快足がセールスポイントで、左サイドバックにコンバートされた今季を通じて一気に台頭した。今季リーグ戦21試合1ゴールの結果を残す一方、首位を走るチームで数多くのチャンスに絡んでいる。

 そして、キーパス48本と2位以下を大きく引き離して堂々の1位に輝いたのが、イタリア代表の19歳MFサンドロ・トナーリ(ブレシア)。長年イタリアサッカー界をけん引した名MFアンドレア・ピルロの後継者とも称される逸材だ。今季リーグ戦23試合出場で1ゴールのトナーリは、卓越したテクニックとプレービジョンで輝きを放ち、その働きが数字にも表われている。

「欧州5大リーグ10代選手のキーパス記録」は、秘めたポテンシャルを示す一つの指標にもなるデータだ。シーズン開幕後のチーム合流で出遅れた久保だが、そのなかで3位食い込んでいる事実は評価に値しそうだ。

Football ZONE web編集部